back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS
http://karzusp.sakura.ne.jp/2008/08/09-184521.php
>まじカル!A`s 告知ページ : かーずSP

今更な話しになってしまいますけど
かーずさんが夏コミで販売しました「まじカル!A`s」にて
理沙も微力ながら参加させていただきました。

かーずさんからは「少女マンガについて語ってほしいです」と言われましたので
とりあえず理沙らしく、マニアックな漫画で、でも面白い、みんなに読んで欲しい・・・
っというのに当てはまるのは何だろう・・・?と考えた所
ある漫画が思い浮かびましたので、よしソレを書こうと思いました。
ですが、ちょっと古い漫画でしたので受諾すると同時に古い漫画で良いですか?
っと質問した所・・・
>ただなるべく新しい作品、2007年以降の作品を推奨しています。
っと返答されましたので
「ヤバイ・・・前の会社辞めてから、最近の少女漫画全然分からないヨ・・・
とりあえず、りぼん・なかよしは買っているからいいとして
ちゃおとか花とゆめ、少女コミック・ASUKA・Wingsあたり読んでこないと・・・」
と、慌てて少女漫画を読み漁ったのはここだけの話しです(核爆)

こういう、人が作った同人誌に寄稿するっていうのは、去年の冬コミに販売されました
ゴルカムさんの時に初めてやったのですけど、あちらはランキングを書いて
ちょこちょこ補足程度に短い文章を書けば良かったですので、気が楽だったのですけど
今回は半ページと言いましても、900文字と原稿用紙4枚半分になりますので
いつものように書かずに、ちゃんとした文章で書かないといけません。
ですので、色々書いてかーずさんに選んでもらおうっという手法を取ることにしました。

結果、載った文章はあの漫画になったのですけど
他に三編書いた文章がありまして、そのまま埋もれさすのは勿体ないと思い
ここでお蔵だしって感じで公開しちゃおうと思います(汗)
本当は自分で同人誌を作って、それに載せようと思ったのですけど
イラレがまだ手に入っておらず、いつ買えるか分からない→いつ作れるか分からない
っていう状態ですのでとりあえずここで・・・って感じです(核爆)
って事で三日連続企画って感じで徒然と公開!



--------------------------

ハルコイ / 末次由紀
http://img.7andy.jp/bks/images/i1/07194201.JPG

 「末次由紀」と聞いて、みなさんはどんな事を思い浮か
べるでしょうか?「少女フレンドなどで活躍していた少女
漫画家」っていうのが大半だと思いますけど、ニュースな
どを見ている方は「盗作をして既刊が全て絶版になった漫
画家」と思い浮かべる方もいるかと思います。私もそんな
一人でした。ですので、この漫画を知った時「あ、復活し
たんだ・・・」と話題性だけで手に取り、既刊も何も読ま
ずにいきなりこの作品から読んだのですけどコレがそんな
気持ちで手に取ったのを後悔するくらい良い漫画でした。

 表題作の「ハルコイ」は50歳の本田綾子さんが主人公の
お話です。その綾子さんが23歳の「のんちゃん」こと春宮
のどかの恋を応援するのですけど、途中綾子さんがその恋
はやめた方がいいと画策しているのがのんちゃんにバレま
して二人の関係に亀裂が走ります。ですが、そののんちゃ
んが恋をした男性は既婚者だった事、綾子さんの溺愛する
娘は既に亡くなっていた事を知り二人は再開しまして綾子
さんは前向きに、のんちゃんは良い恋に出会えることを
願って桜並木の橋の上で春を喜ぶ所で物語は終了します。

 とにかく、50歳という初老のおばちゃんが主人公ってい
うので面食らったのですけど、自分の娘みたいな女性との
友情が上手く描ききっていまして読んでいて物凄く癒され
てしまいました・・・。特に最後、のんちゃんと再開する
直前に自分の娘の幻を見るシーンはかなり熱いモノがあり
ますね。と同時に、娘がもう大丈夫だなっと最後の別れの
ために現れたとしたら、また色々泣けてきます。

 「ハルコイ」以外にも、結婚を夢見る主人公がバツイチ
の男性との恋に揺れる「指輪の片思い」自分の居場所を見
つけるまでを描いた「美彩食堂」母と子の繋がりを再確認
させる「ななつの約束」と、どれもハートフルな作品が収
録されておりますので、漫画で癒しを求めている方は是非
手にとって欲しい単行本です。
 そして、辞めずにこの漫画を描いてくれた作者に心から
感謝の気持ちをこめて文章を締めたいと思います。

--------------------------



色々な意味で話題になった漫画家さんなだけに、あえてこの漫画を選んでみました。
まぁ・・・あの件があったおかげなのか、一皮むけて帰ってきたって感じでしたし
純粋に面白かったですからねぇ・・・。
この後に連載しています「ちはやぶる」はまだ読んでいないですので何とか読みたい所です。
絶版になってしまった、過去の漫画を補完読みしたいですね。
講談社系の少女漫画は本当に疎いんですヨ・・・(濁汗)
スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ