back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS
 栗本薫さん死去  2009/05/27 (Wed)
本屋さんで漫画のコーナーに行きますと、実に様々な漫画が並んでいますが
その中で、100巻越えの漫画もよく見かけると思います。
代表的な例で言えば「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「ゴルゴ31」「弐十手物語」
あたりが思い浮かべるかと思います。
最近ですと「美味しんぼ」「クッキングパパ」通巻になりますが「ドカベン」あたりも
100巻を越えていますね。
では、小説ってなりますと思い浮かべるのはただ一つ・・・そう
「グイン・サーガ」
ですね。1979年に刊行してから、現在まで実に126巻も刊行されています。
そのグイン・サーガの著者と言えば、栗本薫さんでして、その他にも様々な小説を刊行してきました。
そんな栗本薫さんが今日、お亡くなりになったようです・・・。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/27/news043.html
>栗本薫さんが死去 - ITmedia News

理沙は小説を全く読まないですので、恥ずかしながらいまいちピンっと来ないのですけど
100巻以上出ている小説としてグイン・サーガは知っていましたし
小説コーナーとか見れば、必ず見る作家さんですのでそれなりに知っていました。
最近ですと、グイン・サーガのアニメが始まったり、沢田一の作画で漫画が始まっていたりと
ちょっと興味が沸いてきただけに、この訃報はかなりビックリしてしまいましたねぇ・・・。
マイミクさんの日記で知ったのですけど、最近のあとがきでは闘病生活の模様を書いていたようでして
ファンの方々は色々考えていたと思います・・・。
理沙の場合、どっちかって言いますと中島梓名義で出演していました
「象印クイズ ヒントでピント」
のイメージが強いですね。大好きな番組でしたからねぇ・・・。


http://www.youtube.com/watch?v=lz54MK2HsVU
>YouTube - 象印クイズヒントでピント第700回記念より オープニングテクニカル

動画は700回記念の時のモノですけど、中島梓さんのちょっとだけ出演しています。
グイン・サーガの話しに戻りますけど、126巻も出ている小説って事で
勿論、ギネスブックにも載っているだろうと思っていましたら

http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20041105bf01.htm
>ギネス“未認定”の最長小説 : 出版トピック : 本よみうり堂 : Yomiuri On-Line (読売新聞)

未だに認定されていないんですね・・・。
何かこういう所でヨーロッパのカスな所が露骨に出ていて滑稽ですね。
ですが、亡くなられた今、今度こそ認めて欲しいモノです・・・。
しかし・・・56歳・・・まだまだこれからって時なだけに本当に惜しい人を亡くした感じです。
御冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ