back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

ファミコン初期は任天堂のゲームがほとんどでしたが
その中で、パックマン風のドットイート系のゲームが発売されました。
「デビルワールド」
ただ単にドットを食べるだけではなく、そこにスクロールと攻撃という概念をつけて
かなりスリリングなゲームに仕上げた作品です。
とにかく、画面が上下左右にスクロールしますので袋小路にハマってよく死んだモノです・・・。
そんなデビルワールドのプレイムービーがありましたのでここで紹介!!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm261829
>ニコニコ動画(RC)‐デビルワールド

コレは凄いですねぇ・・・。
カンストまでは行きませんけど、17Rまで進んでいます。
基本的にこのゲームはドットイートステージと
四方にある本を真ん中に差し込むステージ
そして、ボーナスステージの3ステージで1Rとなっていまして
単純に17Rと言いましても、実質50面なわけですから
かなり進んでいるんですよね・・・。
しかも、後半になるにつれてスクロールの切り替えも速さも
半端じゃなくなっていき、プレイしていましてかなりの緊迫感が漂います。
途中、挟まれそうになった所で逆側にワープする箇所がありますがアレは普通に裏技です。
当時コロコロコミックでも載りましたし・・・。
確か、背中を向けてBボタンを押していれば出来たかと・・・?
しかし・・・パックマンとゲームシステムは一緒なのに
ここまで違う面白さを作るっていうのは凄いですね。
流石、宮本茂が手掛けた作品です。
ま、その宮本茂はこのゲームを自分が作った中で一番の駄作だとコメントしましたが(汗)

スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ