back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

★★★ぽすたるWORK★★★
ぽすたるWORK
ここではないどこかの国にあります、小さな村の郵便局に勤めます
「文野ふみ子」ちゃんを中心に様々な人々(?)との交流を描いたほのぼのとした漫画です。
とにかく、全体的な雰囲気が「ARIA」とか「よつばと!」みたいな
空気系の感じでして、肩の力を抜いて楽しんで読めました。
銀行強盗が現れても、番号カードを取ったりしてどこか憎めない感じですし
白ヤギさんと黒ヤギさんのやり取りもまんま、歌の通りだったりと
作品全体がメルヘンな感じですしね・・・。
ですけど、メルヘンだけでは終わらずふみ子ちゃんには暗い過去があったり
(母親の死別によって、月姫の琥珀やネギま!の神楽坂明日菜みたいに全く笑顔を見せなかった)
最後に、村人達との別れがあったりと色々読ませる所もありまして
途中でやられた!っと思ってしまったのはここだけの話しです・・・(汗)
(特に、最後のくうちゃんとのやり取りはかなり熱いモノがあります!)
とりあえず、メルヘンチックなほんわかとした話しが好きな方はかなりオススメかと思います。

★★★漆黒のカース★★★
漆黒のカース
グループSNEが制作しました、TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)に
「ソードワールド」という作品がありますが、この漫画はそのリプレイを漫画化したモノです。
理沙は全くソードワールドを知らないで読んだのですけど
流石、TRPGだからなのかしっかりと作られていまして
純粋なファンタジー漫画が好きな理沙は一気に読んでしまいました・・・。
ストーリーも最初、酒場から始まりそしてイベントが起きまして
ソレを進んでいくと、真の敵が登場するという横道な展開ですしね。
特に、司祭様が亡くなって外に出たと思ったら
今まで敵だった、ナイトシェードが炎の中で立っているシーンは
かなり熱いモノがありましたねぇ・・・。
超カッコイイッス!!!
最後に真の敵を倒し、ハッピーエンドだと思いましたら
ナイトシェードは消えていたり、また会おうと言い残していたりと
伏線を張った終わり方っていうのも面白いですね。
アクマでも、ソードワールドという世界の一つの話しという感じの終わり方でして
続きは皆さんが作って下さい的な終わり方ですし・・・。
この漫画って、ドラクエ4コマクラブでよく掲載されていました
白石琴似さんの初の単行本でして、4コマみたいなコミカルな絵を想像しますとちょっとキツイかもしれません。
(ま、そこらへんはプラムの描写で補っていますけど・・・
また、このプラムが萌えるんです!!!!(核爆))
ですが、モンスターや戦闘シーンなどしっかりと描かれていますので
TRPGや純粋なファンタジーが好きな方はかなりオススメかと思います。
ちなみに、この漫画が載っていた雑誌が「○勝スーパーファミコン」でしたので
セリフがみんな横書きの左綴じな漫画ですので、そこらへんはご注意を。

★★★南くんの恋人★★★
南くんの恋人
武田真治と高橋由美子が出ていましたドラマがかなり印象に残っている方が多いと思われますが
そのドラマの原作がこの作品です。
高校3年生の南くんと、突然身長16cmになってしまったちよみの奇妙な同居生活を描いた
甘くてかなり切ないラブストーリーです。
内田春菊の漫画と言えば、エロい漫画かシニカルに怖い漫画が有名ですけど
この漫画は丁度、その二つを足して二で割ったような感じですね・・・。
ちよみが小さくなってしまった・・・っていう展開ですと
コメディとかになりそうですけど、これからどうしようか悩んでいく様が
非常にリアルで生々しく、一種の怖さがあるような感じでした・・・。
実際、ちよみが見た夢に現実にちよみが表沙汰になってしまったらどうなるのか
そこらへんの描写は非常に怖かったですしね・・・。
ただ、彼氏彼女の関係もありますので南くんは色々考えながら
時にエロい事も考えたりしまして、やっぱここらへんの描写は実際描いていただけあるなぁ・・・
っと感心してしまったのはここだけの話しだったり(汗)
最後に二人で四苦八苦しつつも旅行にでかまして、二人で音泉に入り
美しい景色を見て感動して終わるのかな・・・っと思ったら
あっけなく・・・本当にあっけなく二人の生活は幕を閉じてしまいます。
妹から最後どうなるのか、あらかじめ知っていたのですけど
こんなにあっけなく終わってしまうのかと、悲しみを通り越して呆然としてしまいました・・・。
ですが、確かにこのラストは非常に悲しいモノですけど
逆に人が死ぬ時って何かこんな感じなんだろうなぁ・・・っと思ってしまったり。
実際、理沙も従妹を事故で亡くしていまして、その一報を聞いた時は
何かもう突然すぎて涙も出ませんでしたし・・・。
(その後、一気に泣きまくりました・・・)
たぶん作者もこの「死の身近さ」を言いたかったのかなぁ・・・
っと深読みしてしまった理沙でした。

スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ