back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

★★★緊急出動すずめちゃん!★★★
緊急出勤(スクランブル)すずめちゃん
1993年末頃「なかよし」で「ゲスト漫画家シリーズ」と題して
色々外部の漫画家が登場した時期があったのですが
その第一弾がこの漫画でした。
とにかく、初めて少女漫画誌で柴田亜美が登場するという事で
生まれて初めて「なかよし」を買ったのを思い出します。
(余談ですが、それから現在まで定期購読保存しているのはここだけの話しです(核爆))
内容は今から未来のジパングという国の中にあります
ナガサキシティに住む御山野すずめちゃんがそのナガサキシティを
乗っ取ろうとする、スーツマン軍団との戦いを描いた
痛快アクションギャグ漫画って感じですか。
初めての少女漫画っていう事で、どんな感じになるか読んでいったのですが
やはりそこは柴田亜美・・・いつもと同じでした(笑)
ま、女の子が多めっていうのが違う所かな・・・?(汗)
ただ、126億円(ラストは491億円)かけて改造手術を施されたすずめちゃんが
変身して戦う様は、ちょっと変身モノ好きな理沙としてかなり萌えたり(爆)
そして、毎回色々なスーツを着て戦うスーツマン秀樹にもかなり萌えです。
(特に、読者から募集して採用されたスーツは超必見(笑))
スーツマン軍団のモデルはなかよし編集部の方だったり
学校の生徒が当時の柴田亜美のアシスタントだったりと
かなり内輪的なネタが散りばみられておりますが、無難にヒーローモノの漫画に仕上がっていますので
その手の漫画が好きな方でも充分楽しめるかと思います。
ちなみに、単行本特典としてスーツマン軍団の実写版ピンナップが付いていますので
スーツを着たなかよし編集部が好きな方は、とりあえず三冊は買っておきましょう(核爆)

★★★勇者への道★★★
勇者への道
「ファンロード」でかなり長い間連載されていた漫画なのですが
最初、題名の通り主人公のシバッタ・アーミン(後に柴田亜美本人になります)が
モンスターを倒したりして、勇者を目指す4コマ漫画だったのですけど
途中から、普通に現在の修羅場状態や緑川光や編集部の面白実話を描いた
ドキュメント4コマ漫画になっていきました(笑)
とにかく、この4コマが連載されていた頃って
丁度、エニックスで「南国少年パプワくん」一本描いていた頃から
フリーになりまして、月産100ページ以上描いていた時期ですので
巻末の作者コメントにも書いてありますけど、柴田亜美本人の
「漫画家」という勇者への道を描いた漫画かもしれません。
とにかく、色んな担当さんが出てきますし、イベントにもたくさん参加していますしねぇ・・・。
その中でも月ジャンの土生田さんとアニメージュのみっちゃんは特に印象深い存在です。
基本的に担当という仕事をしていない土生田さんの大物っぷり
JUNE系が大好きなんですけど「締切りのばしちゃ嫌です」とハッキリ言うみっちゃんに激萌えです(爆)
ただ、残念なのはこの単行本の後にもちょこっとだけ連載が続いていたのですけど
ソレが未収録になってしまったのと、雑誌掲載時ではタイトルの下に近況報告が載っていましたり
間に合わなくて、全て手書きだった4コマに写植が貼られていたりと
その時の「生」の部分がカットされているのが非常に残念ですね・・・。
まぁ・・・今はラポートが潰れて大都社でファンロード系の漫画が復刊されていますので
「完全版・勇者への道ディレクターズカット」として、復刊される事を願うしかないですね(祈)
とりあえず、漫画業界系の漫画が好きな方はかなりオススメかと思います。
他に「兄貴の宇宙」「兄貴の空」も収録されていますので
ソレ系が好きな方も充分楽しめますしね・・・(核爆)

★★★Gセン場のアーミン★★★
Gセン場のアーミン
前に書きました「勇者への道」が漫画業界漫画だとしたら
この漫画はゲーム業界漫画っていう感じですかねぇ・・・?
とにかく、柴田亜美とゲームにまつわるエトセトラがこれでもかっとたくさん描かれています。
特に、ゲームをしたいんだけど漫画を描かなくちゃいけない・・・
っていう状況での、マネージャーとの戦いは本当に熱くて面白いです!!(笑)
この頃ってとにかく、柴田亜美をどこもかしこでも見かけていただけに
「こんなに描いていて大丈夫かなぁ・・・?」
っと、真剣に考えていたのですけど実際大丈夫じゃなかったんですね(笑)
作品中になかよし編集部のヲタクっぷりや当時キャラデザをしました
世紀の糞ゲー(笑)「ビヨンド・ザ・ビヨンド」の4コマや描き下ろしイラストもあったりと
他メディアとのリンクしているのもたくさんありますから
柴田亜美作品が好きな方は必読の一冊かと思います。
ちなみにこの漫画が連載された理由っていうのがWikipediaによりますと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E4%BA%9C%E7%BE%8E
>なお、連載開始のきっかけは、ファミ通に「『シャイニングフォース』の隠しキャラを仲間にする仕方を教えてくれ」と
>「漫画家の柴田亜美」と書いてファミ通にファックスを送ったこと。
だそうでして、連載開始から既に実録漫画となっていたのですね・・・(汗)
この「Gセン場のアーミン」はこの巻で終了してしまいますけど
週刊ファミ通で「ドキばぐ」という同じような漫画が今でも続いていますので
柴田亜美とゲームの関係を知りたい方は、続けてドキばぐを読んでいく事をオススメします。
しかし・・・この頃はバーチャと鉄拳が大ブームだったんですねぇ・・・。
リアルタイムで読んでいただけに、時の流れをしみじみ感じます・・・(遠い目)

スポンサーサイト



当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ