back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

★★★麒麟町ぼうえいぐみ★★★
麒麟町ぼうえいぐみ(上) 麒麟町ぼうえいぐみ (下)
昔々・・・このKYTIMKYMが羅列ニュースをしていた頃
絵師サイトもよく巡回していました。その中で特に好きなサイトが
「ゆうののペェジ」http://www9.ocn.ne.jp/~yuuno/
でして、主に仮面ライダーとかロックマンなどを女の子化したイラストが
たくさんあり、女性化ネタが大好きな理沙は新しい絵がうpされるのを
いつも楽しみにしていました。
そんな、ゆうのさんの初単行本作品がこの漫画です。
とにかく、絵柄がポップで可愛いく、ですが特撮好きなのか
後半かなり熱い展開がありまして、萌え燃え漫画が大好きな理沙は
かなり熱く読んでしまいました・・・。
ストーリーは全国各地で女子小学生連続誘拐事件が発生しているのを受け
自分達で守れるように、強化服を着て地域を守る少女達・・・
「ぼうえいぐみ」の活躍を描いたモノです。
前半は主人公「東龍美」を中心として、一話完結な形で敵と戦っていったり
特訓を受けて強くなっていく様を描いたモノになっておりますが
後半から、敵と主人公との関係、敵が現れた背景などが明かされていき
かなり燃える展開となっていきます。
とにかく、作者が特撮好きっていうのもあってか、前半の強くなっていく様
後半の怒濤の展開はかなり読んでいて熱いモノがありますね。
特に央花鈴がいなくなってからの展開はもう・・・激燃えです!!
最後どうなるかと思って、ドキドキしながら読みましたけど
ちゃんとハッピーエンドだったのも、非常に良かったですね。
絵柄的に敬遠する方もいそうな感じですけど
戦隊モノや特撮好きな方、MS少女あたり好きな方は読んでおいて損はないかと思います。
 
ちなみに、この「麒麟町ぼうえいぐみ」のフィギアや
主題歌が発売されていますので、興味がある方は要チェキかと。
(主題歌は作者さんのサイトで公開されています)

★★★となりの801ちゃん★★★
となりの801ちゃん
オタク、ヲタなどもう普通に言われている昨今ですが
女性のオタクってなりますと、腐女子なんていう言葉が出てきます。
いわゆるJUNE系と言いますか、ホモ漫画が好きな女子・・・
って、こう書くと語弊があるかな・・・?(汗)
「ヤマもなくオチもなくイミもない」漫画を好きな女子の事を指しますかね・・・?
そんな「やおい」好きの彼女を持った作者のほとんどノンフィクション(だと思う)な
4コマ漫画がこの「となりの801ちゃん」です。
普段は、普通の可愛い女の子なのですが萌え対象を見つけますと背中のチャックが開きまして
真の姿を現すっていうのが、何とも素敵で熱いですね(汗)
理沙は腐女子ではありませんけど、801ちゃんの言動には思わず「うんうん」と
唸る所がありまして、オタクだと自覚している方はかなり楽しめるかと思います。
理沙的好きな4コマはやっぱり、801ちゃんにこの漫画の存在がバレた時ですねぇ・・・。
指輪の代わりにコミケで買い放題と言ってみたら801ちゃんが一言
「それこそ、ボーナス飛ぶよ?」
熱いです(濁汗)他人事じゃありません(爆)
そして、コミケ会場で801ちゃんが語る夢っていうのが
「いつかしてみたいことがあってねー!!島の端から端までおとな買いー!!」
理沙もソレは永遠の夢です(核爆)
とりあえず、4コマが好きで腐女子に心当たりがある方は是非読んで欲しい一冊ですね。
書き字も非常に丁寧で読みやすいですし、何より801ちゃんが可愛いですし。
(ここらへんは理沙の趣味です(爆)いやね、ショートカットでシャギーの女の子って死ぬ程好きなんですよ・・・)
ちなみに、801ちゃんのモデルになったのは
「御薗橋801商店街振興組合」http://www.kics.gr.jp/kita/801office/index.html
のマスコットキャラクター(承認済み)です。
そして、WEBでも新作が描かれていますので
「となりの801ちゃん」http://indigosong.net/
続きが読みたい方は、コチラのWEB版を読んでいくと良いかとです。
あ・・・そうそう、皆様・・・
「攻めの反対は?」

★★★ほしのこえ★★★
ほしのこえ
新海誠が一人で作りました、もう説明不要な感じの
同名作品を漫画化したモノです。
ストーリーは火星にて、異星人に調査隊が全滅させられ
それに対抗すべく、国連宇宙軍が作られるのですが
その国連宇宙軍のロボットのパイロットに長峰美加子が抜擢され
そして、光年単位で離れ離れになった寺尾昇とのメールのやり取りを軸にした
かなり切ない遠距離恋愛物語です。
遠距離モノの作品って色々見てきましたけど、宇宙を舞台に
そして、携帯電話のメールの送信を軸に描いたっていうのはかなり新しいですね。
アニメにはいなかった北條里美の存在、そしてシリウスに行く前の別れなどが描かれていまして
物語がより一層深みがあるモノになっているのが良かったかと思います。
ラストの終わり方も、アニメよりも救いがある終わり方でしたので
アニメ版のラストを見て、何ともやり切れない気持ちになっていた理沙は
この漫画版でちょっとホッとしてしまったのはここだけの話しです(汗)
とりあえず、アニメを見た人でも未見な方でも
充分楽しめる内容になっているかと思います。
雰囲気もちゃんと、アニメ版に近いモノになっていますしね。

スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ