back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

http://hw001.gate01.com/karzu/column/karzuspflashtaizen01.html
>かーずSP選 FLASH大全 VOL.01

っというわけで買って参りました。
最初、本屋さんで探していた時、てっきり「ネットアニメDVDコレクション」みたいに
中閉じ本だと思っていたのですが、ちゃんとオフセット本でしたので
手に取った瞬間、その豪華さにビックリしてしまいました・・・(濁汗)

内容は、もう本当にFLASH好きによるFLASH好きのための本!!
って感じでして、かなり分かりやすい解説と職人さんのコメントが非常に読みやすくて
思わずFLASHを見たくなるような本になっております。
例えば「なつみSTEP!」とかですと、隠された部分を抽出して紹介していましたり
「PokerFaceUp」ですと、ルールをしっかり書いてありますので
説明書代わりになったりと、いたれりつくせりの内容かと思います。
文章の他にも、たくさんのカラー写真がふんだんに使われているのも良いですね。
「バスが来ない」や「相田みつおの世界」とかは、その写真だけで
どういった作品なのか、一目で分かるのも好感が持てます。
ここらへんは、かーずさんの画像を抜き出すセンスの良さが分かりまして
流石、たくさんのFLASHを見ているだけあるなぁ・・・
っと、改めて再認識させられました・・・。

作品の紹介だけではなく、最後のページにちゃんと素材系のサイトも
紹介しているのがまた心憎いですねぇ・・・。
この本を読んで、FLASHを作ろうと考える方もいるでしょうから
そういう方のために、こういった情報を載せておくと作りやすいですからね。
実際理沙も、FLASH・・・作ってみようかな・・・
って思ったくらいですし・・・(どうせ途中で頓挫しますけど・・・(核爆))

UG-Kさんのコラムは、商業アニメとFLASHとの違いを分かりやすく解説しています。
そして、これからFLASHが商業に向かうにはどうすればいいか
などと、FLASH好きはちょっと気になる話題なだけに、コレはかなり必読かと。
GilCrowsさんは、FLASHの潮流について。
現在YouTubeの台頭などにより、FLASH自体が寂れていった感じがありますが
ソレについて、GilCrowsさんなりの解説が書かれております。
今、旬の話題なだけに、コレもかなり必読かと思います。

全体的な感想とすれば、とにかくFLASH好きにはたまらない本ですね。
ばるぼらさんの「ウェブアニメーション大百科」がFLASHの歴史を紹介する本だとすれば
この本は純粋に「作品」を紹介する本だと思います。
もう、本当に作品の解説が愛があって読みやすいんですよね。
(勿論、ばるぼらさんもそうですけど・・・(濁汗))
理沙がかーずさんのファンっていうのもあるんでしょうけど、本当にそう感じました。
昔から、かーずさんの文章を「やわらかい文章」っと表現していましたが
その「やわらかい文章」の最高傑作かと理沙は思いました。
ここまで出来がいい本ですと、本当にVol.2が出て欲しいと願ってしまいますね。
「CRIMSON ROOM」「こ~こはど~この箱庭じゃ?」「赤い部屋」
などの、名作FLASHもないですしね・・・。
とりあえず、一人三冊は買いましょう!!(爆)

スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ