back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

画面が暗くなり、ブザーの音が鳴り終わりましたら
スピーカーから男性の声が。
とりあえず注意事項のFLASHが始まるようなんですが
いきなり、G-STYLE(34歳)と表示されましてちょっと笑ってしまいました。
その後、G-STYLE家一歳六ヶ月が出まして
もう一人のG-STYLE家一歳六ヶ月(双子???)がホワイトボードを持ってきまして
注意事項を書いていくようなんですが・・・
G-STYLE家一歳六ヶ月の言葉は赤ちゃん言葉でかなり聞き取りづらく
しかも、書いた文字もモヘンジョダロにある文字くらい
解析不可能っぽいモノでしたので、何が言いたかったのか・・・
このFLASHを見ていた時間を返せとか思いましたが(爆)
とりあえず「私の親父はDQNです」とか書いたんだろうな・・・
と、勝手に納得しました(核爆)

その後、本当の注意事項?が始まりまして
無難に進行していきました。
制作したのは、漫才コンビ「社長副社長」の片割れ、KIKIさん(笑)
FLASH☆BOBの時、音楽も自分で作ると言っていましたので
本当に完全オリジナルのFLASHでした。
内容も騒音おばさん・HGと小ネタをいれつつ安定感を保った所が
流石、副社長だなぁ・・・っと感心してしまったのはここだけの話し(汗)

KIKIさんのFLASHが終わったと思いましたら
そのままスキマ産業さんの三部作最終作が流れました。
FLASH☆BOBの時、2番目の作品を見ていましたので
そのままの流れで見てしまいました。
何もない僻地がお花畑になって旅立っていく・・・的な内容で
コレで終わりなんだなぁ・・・っと思ってしまいました。
作品の中に「FINAL」っとありましたので
「FLASH☆BOMBも今回で最後かな・・・?」
っと、思ってしまいましたが・・・。
ま、ソレは最後にイベント最後に分かるだろ・・・
っと思って、とりあえず頭の片隅に置いておきました。

スキマ産業さんの作品が終わりましたら、いつもの司会の方々が登場!!
「今回はロフト・プラスワンじゃないから、完全に営業だなぁ・・・」
っと、やらしい事を思ったのは絶対にここだけの話しです(爆)
司会の方々の軽快なトークが始まりましたら、そのまま作品紹介が始まりました。
最初が「1歳6ヶ月の注意事項」その後が「attention」と発表され
最後のスキマ産業さんの作品が「楽園 -finale-」とのこと。
「楽園 -finale-」に関しては、作者のコメントがスクリーンに映し出され
ソレを女性の方が読んでいきました。
(以降、作品毎に読まれるんですが、この女性の読み方が
非常に緊張して読んでいるのが、ひしひしと伝わってきて
何ともアンニュイな感じになったのは絶対にここだけの話しです(濁汗))
コメントでは前二作からの完結編的に作ったらしく、原点回帰として
表現したとのこと。FLASH=光・・・
光とは何かと考えましたら、ソレは種だ・・・っという考えで
種が開花するという意味で、作品の中でお花畑を表したんだと
そんな感じの事を書いてありました。
ちなみに理沙は「種」と聞きまして
「機動戦士ガンダムSEED・・・まだ見てないなぁ・・・」
「そういえば、ガサラキの歌を歌った人って種ともこだっけな・・・」
「種村理沙・・・」
っと、全く関係ない事を思い浮かんでいたのは絶対にここだけの話しです(核爆)

いよいよゲスト紹介です。
とにかく、理沙はFLASH☆BOBの時もそうでしたが
かーずさん目当てで来てますので、FLASH☆BOBの時
客席から見まして、右側に座りましたので、今回も右側だろうと賭けて
右側に座りましたから、どっちに座るか非常にドキドキしました・・・。
そして、かーずさん登場!!
FLASH☆BOBの時、本番で帽子を被ると言っていましたので、帽子を被って登場です。
そして、理沙の予想通り右側に行きましたので
「よっしゃー!!国崎最高ー!!じゃない(核爆)読みが当たったー!!」
と、歓喜したのはここだけの話しです(汗)
ですが、それよりも先に思ったのがかーずさんの風貌・・・。
太ったと聞いていたんですが、本当に太ったなっと・・・
理沙も人の事言えないんですが、かーずさんは太ると顔に出るタイプなんだなぁ・・・
っと思ったのは絶対にここだけの話しです(濁汗)
その後、FLASH職人でもある、おとまにあさん
いわゆるゴッドの井上トシユキさんが登場しました。
そして、我らが2ちゃんねるの管理人、西村博之さんは・・・
当然のように、遅刻とのことで拍手が沸き起こっていました(笑)
結局、座席は左側前からDJ急行さん、井上トシユキさん、西村博之さん
右側前からセラチェン春山さん、かーずさん、おとまにあさん
っという感じでした。
井上トシユキさん、西村博之さんはラジオで共演してましたから
この座席は当然だなぁ・・・っと思ってしまいましたけど(汗)
そして、第一部が始まりました。

ここから、FLASH☆BOBの時と同様、箇条書きでFLASHの感想とか書いていきますです。
司会の人がどういった事を言っていたのとかは
他のレポートを書いてくれている方々ページでも見て下さいです(爆)

★EMDCR(153回帰)
非常にアメリカチックでポップなFLASHです。
ヒップホップとかエミネムとか好きな方はかなりハマるかと。
どっちかっていうと、Tシャツとかのデザインでよくある
エイプとか好きな方はかなりハマるかもしれません。
曲も、スクラッチとか使っていて、DJ好きにはたまらない作品ですかね。

ちなみに、この作品が終わった後、西村博之さんが登場しました。
相変わらず、ツッケケと勝俣州和が履くような半ズボンの出で立ちで
何か安心しました・・・(笑)

★ムサベツカウンターストップ(エジエレキ)
ガーディアンヒーローズみたいな感じで
ギッタギッタと敵をなぎ倒していく・・・っていう感じのFLASHです。
作者のコメントに
「音楽と映像の調和に重点を置き、高揚感を感じさせるように狙ったのですが、いかがでしたでしょうか。」
とありましたが、確かに見ていて気持ちいいですね。
曲もテンションが高くなるような曲ですし。
ただ、西村博之さんが
「9999だけで終わりなんですね。何かストーリー性があるのかと思った」
って言っていましたが、確かに・・・
最後にFFⅧ「リミッター解除」みたいなのが出てくるのかなぁ・・・
とか、理沙は思っていましたので、ちょっとおしい感じもました。

★aspEct (伊織)
一度取った白黒写真を分解して、戻してそれに色を塗っていく・・・
っていう感じのFLASHです。
とにかく、独特な雰囲気でかなり魅せられてしまいました。
岡本太郎的・・・っていうとアレですが
芸術作品として、かなり完成されてるような感じです。
曲も何かの曲を逆回転してるような感じでして
いい感じに混沌とした所があって、目が釘付けになりました。
美術館とか写真展に行くような方はかなりハマるかと。

この作品が流れている時、隣でぎょぴさんが寝そうになっていたのを見て
「あー・・・誘うんじゃなかった・・・」
っと激しく後悔したのはここだけの話しです(涙)

★VB (so-shi)
かなり萌え萌えな看護婦さんロボットと戦って行き
最後に、ボスロボットを倒してミッションコンプリート!!
っと思ったら、それは流石兄弟のウイルス駆除だったという
壮快な萌えネタFLASHです。
しかも、最後の最後に流石兄弟はブラクラGetするし・・・(笑)
とにかく、この作品は萌えと疾走感ですね。
曲もトランスですし、見ていて気持ちが良かったです。
ちなみに作者コメントに
「「ヲタアニメきんも~っ☆」と声を上げてやって下さい。」
って書いてありましたが
「そこまで言うなら「ぶぁぁぁぁあっているの」もつけろよ・・・」
と、思わずつっこんだのは絶対にここだけの話し(核爆)
しかし・・・この作品を見ていた時のかーずさんの目がキラキラ輝いていたのは
どうしても見過ごせませんでした・・・(濁汗)
上映後、作者であるso-shiさんが現れたのですが、何と女性!!
「へー・・・女性でこんな萌えFLASHを作るのかー・・・」
っと、感心してしまいました。しかも可愛かったし(コラコラ)
早速、かーずさんが質問をしまして(笑)主人公はメイドではなく
ウイルスバスターなので、ナースと答えていました。
好きなアニメは「プリキュアです」と答えていまして
「無難な萌えアニメを言ったなぁ・・・
ま、ここで女性がSHOFFLE!とかかみちゅ!とか答えたら返答に困るけどなぁ・・・」
と、馬鹿な事を思っていたのはここだけの話し。
これからも、この路線の作品を作っていく
っと言って舞台袖に下がりました。

ここで10分の休憩が入り、ぎょぴさんは煙草が吸いたくて
速攻で喫煙所まで行きました。そして、ポカリを買ってきてくれまして
「 会 場 内 」で飲んでいました(核爆)

★山陰国盗り合戦 (FROGMAN)
島根知事が非常に馬鹿でDQNな事を考えながら
鳥取を乗っ取ろうとするFLASHです。
最後に、鳥取も島根を乗っ取ろうとしていて
ちょっと読めてはいたんですが、やはり笑ってしまいました。
通過、下から岡山か広島に乗っ取られてもいんじゃない?
って思いましたが(核爆)
作者のコメントの
「馬鹿馬鹿しい事などにお金や労力を注いでいる今の地方行政のアホ臭さを
(そのお金の大部分が国からの補助)私なりに揶揄したつもりです。」
は、非常に分かりやすく表現してるなぁ・・・
っと感心しました。
ま、関東圏の理沙はどっちもなくなっても別に構わないんですけど(超核爆)

★なぜなにどうぶつらんど (nnm)
えー・・・一言で言いますと・・・
コレはかなり説明するのが難しいFLASHですね・・・(汗)
馬鹿フラ・・・って事でいいかしらん?(濁汗)
とりあえず、実況的に説明・・・
いきなり「趣味のイタリアン盆栽」が終わった所からスタート
「何だよ、いきなり終わっちゃったよ!こっち見たかったよ!!」
と、ツッコみ・・・
なせなにどうぶつらんどが始まったと思ったら、いきなり終わっちゃうし(笑)
しかも、回想部分で鮭の切り身と大金で喜んでるし・・・。
エデルデフョンビンデルク神 日本の心が始まったやいなや
「何か、金盞花 京絵皿殺人事件みたいだなぁ・・・」
っと、分からないツッコミをしたと思ったら
また、なぜなにどうぶつらんどが始まってシルエットクイズが始まったと思ったら
会話とシルエットと説明書きが全て一致してないし!!!!(笑)
しかも、ペンギンが出て「せつなさ」とか言ってるし!!!(笑)
「だったら、愛しさから言えや!!」
っと、篠原涼子ファンな理沙はツッコンでしまいました(爆)
そして、いきなりザッピングしちゃって洋モノ推理ドラマが始まったと思ったら
コナンもビックリの3526人も犠牲者が出てるし!!!(笑)
そんで戻ったと思ったら、ペンギンがなんでくんを血祭りにして
普通に番組が進行してるし!!!(笑)
通過、キャラが変わっても会話が普通っていう事は
このアニメはキャラと吹き出しのレイヤーが違うんだなぁ・・・
っと冷静に考えたのはここだけの話しです(核爆)
その後、ペンギンがいなくなりニュースにザッピングされて
戻ったと思ったら、韓国の首だけ調教ゲーの逆Verみたいな
犬神家の一族が並んで、画面には「大富豪やろうぜ!」と文字が・・・。
とりあえず、ジジ抜きの方が熱いぜ!とツッコみ・・・
ペンギンがお姉さんにもじもじしながら花束を渡した・・・
っと思ったら、さっきの洋モノ推理モノからスポ魂モノみたいな
エンディングを向かえてるし!!(笑)
で、戻ったら全て血祭りになってるし!!!!
8chはコロッケ作ってるし!!(笑)
最後、無音のまま会話してるし!!!
と、思ったらエンディング向かえちゃうし!!!(笑)
そんで最後に、終わったと思ったら
「すっぺらぴっちょん体操」が始まりそうな所でスイッチ切っちゃうし!!!(笑)
理沙的、この体操は見たかったです・・・残念(笑)
とりあえず、この作品で理沙が思わず声に出してツッコんでしまったのは
エンディングに流れました・・・

の「企画応援団」っていうサイトがtsukaeru.net(ちょっとでも負荷が掛かると即デリ)で
サイトを運営している所でした。
思わず「何だよ・・・tsukaeru.netなんか使ってんじゃねーよ!!!」
って言っちゃいましたし・・・(作品台無し)

★夢オチ (TNT)
作者のコメントが
「オチは誰も想像が付かないようなものを用意しましたのでどうぞ最後までドキドキしながらお楽しみください。」
という、前フリから始まったんですが、いきなり現れたのが「夢オチ」という文字・・・(笑)
内容は、線画で作者のTNTさんが四人まで増殖して
みんなでアレやコレやと大騒ぎする話しです。
とにかく、線画で動き回るのが凄い!
勿論、モーションキャプチャーとかないでしょうから、全部自分でポーズをとって
絵を描いていったのでしょうから、その労力は計り知れないものでしょう。
上映後、TNTさんが現れ、ほとんど独り舞台のように喋っていました(笑)
西村博之さんが
「自分大好きなんだろうな」
って言っていましたが、客席のみんなも同じ事を思ったでしょうねぇ・・・(笑)
とりあえず、作品も本人も非常にノリが良かったです。

★DOLL (ぴろぴと)
人形がどんどん腐っていく過程を芸術的に仕上げた作品です。
さっきの伊織さんの作品同様、完全に芸術作品として仕上がっています。
ただ、ちょっとグロいっていうのと、虫がでてきますので
そこらへんが苦手な方は、ちょっとキツイかもしれません。
西村博之さんが
「よくわかんない」
って言っていましたが、ハマらないと良さが分からない作品ですね・・・。
ちなみに理沙もよく分かりませんでした(核爆)

★異形花魁華屋敷 (穴清水)
この作品はちょっと語りたくないなぁ・・・
通過、なつみSTEPなみに理沙のトラウマFLASHになっただけに・・・。
とりあえず内容は、遊女屋の常連中の常連でしか入れない
いわゆる、奇形児の遊女の中にいる、顔が二つある女の子の話しです。
もう、コレだけで退く設定なのに、そこから人間の黒い部分・・・
漫画でいえば、彼氏彼女の事情13巻以降の話しとか
ナニワ金融道的な怖さ・・・かな?
そんなモノが全編に渡ってこれでもかっと表現しています。
そして、最後に二つある首の一つを包丁でかっ切んですが
首に包丁をあてて、血が噴き出すまでの描写がありまして
かなり見ていて、辛いモノがありました・・・。
理沙は人間の黒い部分とか大嫌いですし
血を見る、刃物を見るのがどうも苦手と、Wパンチの作品なだけに
途中、目を瞑ってしまいましたし、早く終われ!早く終われ!と念じてしまったし・・・(濁汗)
ですが、クオリティの面でいえば、この作品が今回一番良かったかと。
アニメに厳しいぎょぴさんですら
(ぶっちゃけ、今回のFLASH作品の中でこの作品しか誉めなかった)
「声優もストーリーもしっかりしていて良かった」
って言ってましたし。
「流石、ほん怖の赤ずきんちゃんに萌える人は違うなぁ・・・」
っと感心してしまったのはここだけの話し(汗)
ま、ぎょぴさん的には主人公の女の子がツインテールだったから
っていうのもあるんでしょうけど・・・(濁汗)
西村博之さんが
「一般的に公開できないのがFLASHの魅力ですよね。TVではこうゆうのは作れないでしょう」
って言っていましたが、まさにコレこそがFLASHの醍醐味だな・・・
っと思いました。ですが、こういうのはホント勘弁です・・・(汗)
かーずさんは
「背徳っていいなぁ」
っと、ちょっとエロ系を思い出させる単語を言っていたのが印象的(汗)
確かに、エロの背徳は理沙は大好きなんですが・・・(核爆)

そして、二度目の休憩に入りまして
みんなこのFLASH☆BOMBのDVDを予約していましたので
「コレって・・・一般ではでないのかな・・・?
出ないなら、コレは予約しておくしかだなぁ・・・」
っと、理沙も予約しました。
申し込み書を書いて、店員に渡し、お金を払って、領収書をもらいました。
さて、戻るか・・・っと戻ろうとしたら話しかける人が・・・
そう、今回もっとも会いたかった人ヤマグチ。さんでした!!!!!!
理沙くらい、ガタイのいい方なのかなぁ・・・っと思っていたんですが
意外と痩せていまして、ビックリしました。
ですが、腕の筋肉を見て
「あ・・・この人とは喧嘩しても勝てないや・・・」
っと瞬時に判断したのは絶対にここだけの話しです。
二三話しをしまして、続きは映夜祭でっていう感じで分かれました。

そして会場内に戻り、第三部が始まりました。


つづく

参考
http://iiaccess.net/archives/2005/09/23.html
>(・∀・)イイ・アクセス: 2005年09月23日 アーカイブ
http://my-roux.org/20050923.html
>MY-ROUX.ORG:FLASH★BOMB'05イベントレポート
http://pspctv.exblog.jp/2770939/
>PSPCTV text:F★B個人的全作品レポ
http://willcox.cocolog-nifty.com/
>雑記夜行
http://www.geocities.jp/feilong6161/repo.html
>チョータ式FB映夜祭レポート
http://studio-n.hp.infoseek.co.jp/fb05rp.html
>N-GRAVITY:flash★bomb'05レポ
http://www.muzo.jp/column_muzo/home/flash50/archives/blog/main/2005/09/27_020338.html
>MUZO フラッシュエンターテイメント | FLASH50 の閃客万来! | flash★bomb'05 終演

スポンサーサイト



当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ