back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS
 愛と死を見つめて  2005/06/28 (Tue)

http://blog.livedoor.jp/kemui/archives/25909502.html
>煙いブログ:父親として最後にしてやれること

2chのvip板に立ったスレの紹介なんですが
余命1年ないと医者に宣告されたスレ主の会話(?)が
淡々と語られています。

理沙的、自殺とか氏ねなどの言葉をよく使っていますが
実際に死を目の前にしたら、一体どんな行動に出るのか?
このスレ主のように身内に何をすればいいか
永遠と考えていそうです。
ましてや、息子が6歳と幼いのであれば余計に。

最後にスレ主が弱音を吐くのですが
その文章が、これ以上ない文章だなぁ・・・
っと、読みながら泣いてしまいました。
 
 
 
> 死にたくないよ
> なんで俺なんだよ
> 意味わかんねえ
> 世の中犯罪者とか死んでいいようなやついっぱいいるのに
> なんで俺だ
> 頼むから助けて
> まじで助けて
>
> お願いなんでもする
> なんでもするから助けてくれ
> 息子の成長がみたいんだ
> まじで頼む
>
> 嫁にもまだまだしてやってないこといっぱいだ
> 1年じゃ足りない
> せめてあと30年、30年ぐらいは欲しい
> 頼むよ・・・
>
> こんなこと嫁にかっこ悪くて言えなくて
> 誰かに聞いてもらいたくて
> 俺こんな弱かったんだな

スポンサーサイト



当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ