back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS
■新宿に向かう途中、電車の中でぎょぴさんが
「そういえば、種村さん、場所分かっているんですか?」
って言ってきましたので
「東口に出て、コマ劇の近くっていうのだけは分かっています。
あとは、東口の交番に聞いてみれば大丈夫っしょ」
「え・・・?それって分かってないんじゃないですか?」
「大丈夫だって、警官に聞けば何とかなるよ・・・」
「・・・分からないなら、前もって俺が地図見ておいたのに・・・ブツブツ」
っと、ちょっと押してはいけないボタンに手をかけた感じな
雰囲気になってしまいましたが、とりあえずそのまま新宿駅に着きました。

新宿駅に着いて、とりあえず秋葉原で買った理沙とぎょぴさんの戦利品が入った
理沙の鞄が異様な大きさになっていましたので
主要なモノを残して、みんなコインロッカーにいれました。
はじめ、駅のロッカーなんか使った事がないので
二人して、慌てたのはここだけの話しです(爆)
そして、荷物を入れて改札口に向かいました。
そしたら、改札口の駅員がいる所で何か大声でギャーギャー叫んでいる
キチガイ爺さんがいまして
「流石、新宿・・・あーいうキチガイも普通にいるんだな・・・」
と、普通に眺めてしまいました(笑)
そして、東口を出まして、速攻で交番で警官に場所を聞きました。
「コマ劇の方に向かって、その右側にあるよ」
って言われましたので、二人でコマ劇の方に向かいました。

コマ劇の前に来ましたら、何か警察の護送車みたいなのが止まっていまして
「ほら、ぎょぴさん。迎えに来てるよ(笑)」
「それなら、種村さんも乗るしかないですよ」
「そうだよなー・・・(汗)」
などと、馬鹿なことを話しながらそそくさと
そこから離れたのはここだけの話しです(笑)

コマ劇の前をグルグル回ってしまって
ぎょぴさんもかなりキれてきていましたので
コマ劇の裏の控え室の側にいた、警備員・・・警官?な
おじさんにもう一回道を聞きました。
すると、二カ所のうちのどっちかっと言われましたので
「あっちの方が出入りが激しいよ」
っと言われた方の場所に行ってみました。
確かに地下への入り口がありまして、とりあえず入ってみたのですが
それらしい貼り紙とかありませんでしたので
「向こうですよ!種村さん!!」
っとぎょぴさんに怒られながらも、もう一カ所の方に向かいました。
ですが、入り口が分からず
「どこだー?」
などと思いながら探していましたら
「こっち!!こっち!!!!!!」
っと、ぎょぴさんが叫んでいましたので
ぎょぴさんの方を見ると、思いっきり「卑猥えれくちおん」の看板が
見えるじゃありませんか(汗)
怒られながらも、理沙とぎょぴさん二人で
地下二階に向かいました。
入り口が、何かアレな感じでしたので、入るのを躊躇ったのですが
何せ、ここまで散々歩かされたぎょぴさんが
もう、かなりキレていましたので
早く行けと言わんばかりに、理沙がドアを開けました。
そしたら、もぎりの兄ちゃんと姉ちゃんがいましたので
普通にチケットを渡し、いよいよ会場に向かいました。

会場の中はすでに満員状態で、例の卑猥えれくちおんの
バックに流れる曲が流れていました。
左側には少女漫画の本棚があって、上に上がる階段があって・・・
その階段の先を見ると、今日の出演者らしき人に
ガンを飛ばされましたので、かーなりビクつきながら
目を逸らしました(濁汗)
客席ないはタコ部屋みたいに座る所がないような感じで
どうっすかなー・・・
って思っていたら、ぎょぴさんが
「どうします?」
「ん?俺は別に立ち見でもいいんだけど・・・
(少女漫画が積んである本棚を指して)ぶっちゃけここでもいいんだけど」
「ここは嫌だなー・・・」
と、ずんずんと奥の方に向かいました。
奥の壁際に来て、その壁の所に椅子がありましたので
店員に
「これ、座っていいの?」
っと、聞きましたら
「二名様ですか?」
「そう」
「少々お待ちを・・・」
っと、席を確保してくれました。
ちょうど、ステージに向かって真ん中からちょい右くらい
ステージから5列目くらいと、結構いい席でした。
そして、やっと理沙とぎょぴさんは椅子に座れました・・・。

1ドリンクサービスって言いますので
ぎょぴさんは梅酒ロックを、理沙はグレープフルーツジュースを頼みました。
何故、酒を頼まなかったって言いますと飲んだら寝そうでしたから(汗)
それくらい、疲れていたんで・・・。
二人が頼んだ飲み物が来まして
理沙はNintendoDSを立ち上げました。
ピクトチャットには6人の人が入っていましたので
とりあえず入ってみましたら

会 話 に な っ て い な い 会 話

でしたので、速攻消したのはここだけの話しです(核爆)
一応、着きましたので携帯でmixiに着いたことを書きました。
そして、二人で時間まで喋っていたのですが
会場の貼り紙に
「今日だけ特別 カルピス400円」
っていうのが貼ってありまして
「流石、ちんぽミルクっていうだけあるな・・・。
ぎょぴさん、頼んじゃえ!しかも『原液』で下さいって言え!(笑)」
「げ・・・原液ですか・・・死にます(笑)」
「うん、死ぬな・・・通過、喉が焼けるんだろ(笑)」
などと馬鹿な会話をしました。
有名な管理人でもいないかなっていう話しになり
「かーずSPのかーずさん来てないかな・・・?」
「来てるんじゃないですか?」
「どうだろ・・・一応mixiで話題にはしていたんだが・・・
チケット取ったとか、そういうのは書いていなかったんだよな・・・
mixiで見てみるか」
っと、携帯でmixiを見てみると
「最終ログインは15分以内」
と、表示され
「あ、来てないや・・・」
「種村さんにみたいに携帯で入ってるかもしれませんよ?」
「それは・・・ないだろ・・・。」
っと、携帯を切りました。

開演時間5分くらい前に放送で
「どんどん、ドリンクなどを頼んで下さい。
お客様のその頼んだ分が今回のイベントの会費になりますので・・・
そうかヨロシクお願いします・・・」
と、言っていたのですが
「長崎からちょくちょく関東に来ている人と
60人の諭吉さんでおにんぎょさん買うような人が出演者なんだから
別に、そんなに金は心配しなくてもいいんじゃねぇか・・・?」
などと、かなり人外な事を言っていたのは超ここだけの話しです(超核爆)
そして、午後六時・・・遂に「卑猥えれくちおん in LOFT PLUS ONE」が始まりました。



続く
スポンサーサイト



当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ