カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグクラウド


フリーエリア

2799:魔理沙に大変な役でハコにされました / Vil

2007/06/11 (Mon) 21:58

相変わらず、ニコニコ動画を中心に
「魔理沙は大変なものを盗んでいきました。」
のMADムービーはたくさん作られておりますが
ここで何と新作?が公開されていましたので、ここで紹介!!

http://www.youtube.com/watch?v=UJQ3HKYIVP0
>YouTube - 魔理沙に大変な役でハコにされました
http://www.nicovideo.jp/watch/sm368242
>ニコニコ動画(γ)‐魔理沙に大変な役でハコにされました Movie Version

コレは凄いですねぇ・・・。
魔理沙の麻雀Verっていう感じに見事にアレンジされております。
動画の作者さんは、カギさんとは別の方のようなのですけど
ここまで見事ですと、もうどっちでもいいって感じになってしまいますね・・・(汗)
曲は、IOSYSの新作CD
「東方永雀峰」
に収録されております
「魔理沙に大変な役でハコにされました」
でして、何か知りませんけど

http://www.youtube.com/watch?v=GJ5lsOHR1V4
>YouTube - 魔理沙に大変な役でハコにされました
http://www.nicovideo.jp/watch/sm376522
>ニコニコ動画(γ)‐魔理沙に大変な役でハコにされました Movie ver FULL

コチラでフルが聴けますので、興味が沸いた方は聞いてみると良いかとー。
各同人ショップで委託もされているようですので
他の楽曲が気になる方や東方が好きな方はGet必須かと思います。

スポンサーサイト




未分類

2798:あきら様は大切なバルサミコ酢をアハ☆アハ☆アハ☆ / ceruberus

2007/06/11 (Mon) 21:57

監督が替わっても人気絶好調!!の
「らき☆すた」
ですが、あまりの人気に色々なMADムービーもよく作られます。
その中で、かなりハマってしまったMADムービーがありましたのでここで紹介!!

http://www.youtube.com/watch?v=x32x3vnXAuY
>YouTube - あきら様は大切なバルサミコ酢をアハ☆アハ☆アハ☆
http://www.nicovideo.jp/watch/sm395323
>ニコニコ動画(γ)‐【音量注意】あきら様は大切なバルサミコ酢をアハ☆アハ☆アハ☆

ハイ、見ればすぐに分かりますが
「魔理沙は大変なものを盗んでいきました。」
をらき☆すたに変えたムービーなのですけど
出だしのあきら様の「あ゛ぁ゛~ん?」から
もう大爆笑してしまいました(笑)
しかも、その後こなたのあっぷぷ~の連呼で撃沈しましたし・・・。
最後にはフルメタまで出てきまして、コッペパンを要求しますし・・・(笑)
もう・・・センス良すぎです!!


未分類

2797:漫画の感想を徒然と・・・

2007/06/11 (Mon) 21:56

★★★CLOVER 第1~2巻★★★
Clover―四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるの (1) Clover―四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるの (2)
今は亡き、講談社の「Amie」誌上で連載されました
CLAMP作品の中でもちょっと異色な作品です。
っていうのも、絵柄がシャープでして(今だとxxxHOLICみたいな感じ)
そして、コマ割りが漫画らしくない・・・
っていうか、イラスト付きの詩みたいな感じでっていう感じで進んでいきますので
読んでいまして、不思議な感覚になってしまいます。
ストーリーは元軍人の和彦が「四つ葉のクローバー」という
世界唯一の存在である「スゥ」を妖精遊園地まで届ける・・・
という所から始まるのですけど、そこはやはり世界唯一の存在。
奪還しようと、色々な人が現れ、素直に行かせてくれません。
最終的には無事、妖精遊園地に辿り着くのですけど
それは四つ葉のクローバーとして生まれた者の宿命なのか
妖精遊園地の崩壊・・・つまり
「スゥの死」
という形で終了してしまいます。この、最後に死ぬっていうのがどうにも
当時のCLAMPを象徴としてしまいますね・・・(レイアースとか東京BABYLONとかね・・・)
でも・・・全知全能の能力を手に入れてしまったら
最終的な「しあわせ」は死ぬこと以外ないのかもしれませんね・・・。
思わず、そんな事を思ってしまった理沙でした。

★★★CLOVER 第3巻★★★


CLOVERは1~2巻でとりあえず終了なのですけど
その後の3・4巻は番外編的なお話しですので、別に感想を書きたいと思います。
で、この3巻は和彦の昔の恋人「織葉」がメインのお話しでして
1~2巻でスゥがやたら「しあわせになりたい」とよく歌っていましたが
その歌を歌うようになったキッカケ・・・
っていうか歌が出来るまでの説明がされていまして
謎だった部分が分かったりしてかなり重要な話しかと思います。
ただ、内容はやはり当時のCLAMP・・・かなり暗い話しです。
っていうのも、その織葉は「一つ葉のクローバー」という存在らしく
しかも、その一つ葉の能力っていうのが、かなり厄介なモノでして・・・
「自分の死ぬ日が分かる」
っというモノだからです。結局、ラストに織葉は和彦の目の前で狙撃されまして
命を絶つのですけど、自分が死ぬのを分かっていながら
あれだけ気丈に振る舞う姿をみまして、やはり女性は強いんだなぁ・・・
っと思わされます・・・。
しかし、この頃のCLAMPはラストでよく人が死んでいましたねぇ・・・本当に。

★★★CLOVER 第4巻★★★
CLOVER―四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになれるの (4)
4巻は作中にも出てきました「三つ葉のクローバー」の「藍」のお話し。
四つ葉の次に特殊な存在に位置する、三つ葉のクローバーなだけに
研究所の閉鎖された空間で過ごし、そして仲間とのわだかまりみたいな葛藤?によって
研究所から脱走し、そして普通の人と生活する・・・ってい感じのお話しです。
とにかく、この話しはかなりBLっぽい匂いがしますねぇ・・・(汗)
っていうのも、藍と隊長の関係もそうですが、Aとの関係もある意味それですからね。
しかも、隊長は自爆装置を付けてまで藍を守るっていうのですから
ここらへんは尾崎南的な、狂気の愛ですね・・・。
流石、BLです・・・(爆)
このCLOVERってこの巻で終わりなのですけど、三作とも共通する事は
「しあわせになりたい」
っていう一点につきますね。人それぞれのしあわせ・・・
それはスゥが望んだ「死」であり
織葉が望んだ「愛」であり
藍が望んだ「友」であり・・・。
理沙の「しあわせ」はどこにあるのかなー・・・
っと、読み終わった後に思わず遠い目をしてしまったのは言うまでもありません(爆)


未分類

ブログ TOP