back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS
スポンサーサイト



今年の冬コミは事前準備・・・っと言いますか
三日目の前日にKimさんと遊んだり、妹の所に泊まったりと
コミケ以外でかなりお金が出てしまいまして、本命の冬コミでは
かなりお金を絞ってしまったという、本末転倒な感じでした・・・(爆)
そんな中、かなりの同人誌・同人ゲームを買った方がいたようでして・・・

http://d.hatena.ne.jp/ban-ban/20070102/p1
>日記と言うか雑記と言うか戯言。 - コミケ71戦果報告&反省会

ハイ、夏コミの時に紹介しました管理人さんです。
今回はかなり絞ったらしいのですが、それでも買った冊数は
1001冊と4桁越えを達成した模様です。
しかし・・・4桁っていうのは本当凄いですねぇ・・・。
一度でいいですから、理沙もこれくらい同人誌を買ってみたいですね。
お金と置き場所の関係で、今は絶対出来ないのですけど・・・(涙)

缶さんやゴルゴさんに
「今から藤枝雅先生です!!」
っと、言いながら藤枝雅先生のサークルへ。
やはり、既に行列になっていまして最後尾を探しまして理沙も行列に加わりました。
並んでいる間、早速ゴルカム本を読んでいたのですが理沙の前に並んでいる方が
トランシーバーか何かで色々仲間と話しているのですけど、その内容が
「怪我人が出た模様・・・」
「強制排除」
などの単語が出ていまして、スタッフさんかな・・・?
っと思いながらも、そのまま並んでいました。
売り子の前に行く直前に、そのトランシーバーで話していた方の
フックみたいな物が飛びまして、拾ってあげましたら
「あー・・・ありがとうございます」
「何か大変そうですねぇ・・・」
「いやー・・・走って怪我したのに、スタッフの制止を振り切って
そのまま逃走した参加者が出たようで、本当参りますよ・・・」
「・・・気合い入ってますねぇ・・・(汗)」
「いや、気合いがあるのはいいですけど、周りに迷惑をかけるのは止めて欲しいですねぇ・・・」
・・・出だし早々、素敵な話しが聞けたなぁ・・・
などと複雑な気持ちのまま、無事雅先生の新刊セットをGet致しました。

雅先生の後は、今度はGUNPさんのスペースに向かいました。
東456館ですので、また競歩な速さで歩きまして何とかスペースに着きました。
相変わらず、行列でしたので最後尾を探していましたら
「ここは最後尾ではありません」
の所に並びそうになりまして、注意されたのはここだけの話しです(核爆)
スタッフさんに最後尾を教えてもらいまして、無事行列に並んだのですが
売り子さんのやり取りを見ていますと、ちょっと聞き捨てならない話しが。
ぎょぴさんにハルヒ本「ハルはれ」だけ買ってきてくれと言われていたのですが
ハルはれの二巻(新刊)はセットじゃないと買えないという話しが。
慌てて、ぎょぴさんに電話しましたら
「セットでもいいよ~」
「でも、そこまで余裕ないんだよ~(涙)
ハルはれ一巻だけでもいいでしょ?」
「構わないよ~」
と言いまして、とりあえず並んでいきました。
ですが、またよく見ていますと今度はセットの紙袋が品切れになってしまったようでして
バラ売りも大丈夫になった模様・・・。
コレはラッキーと思い、予定通り理沙は新刊セットで
ぎょぴさんにはハルはれセットを買いました。

「予定通り買えたよ~!!」
と、ぎょぴさんにまた電話をしまして
「あとはちゅるやさんお願いね~♪」
「もう・・・並ぶの嫌ヤァ・・・(涙)」
っと言いながらも「うつらうららか」さんのスペースに向かいました。
並んでいる途中、Kimさんから電話が。
「種村殿!!買えました!!」
「買えた!?マジで!?」
「いや、三冊まで買えるようでしたから買えましたよ」
「マジで!?いや、本当ありがとう!!すげぇありがとう!!
とにかくありがとう!!」
っと連呼しながら、Kimさんは空の境界の紙袋をGetするのに
また並び始めまして、理沙はまだ買うモノが残っていますので
後で待ち合わせをする事にしました。
理沙も無事新刊も買いまして、次のサークルに向かいました。

側に「ウモ屋」さんがいましたので速攻新刊をGet。
今回はローゼン本ですので、それだけで笑ってしまったのここだけの話しです(汗)
買いましたら、いよいよ西館に向かいました。
西館までの長い道のりを辿り、エスカレーターで降りていますと
「エスカレーターでは歩かないでください。全力で立ち止まってください!」
などと、素敵な呼びかけがありまして
「なかなか難しい事を求めてくるなァ・・・」
っと、普通にツッコンだのはここだけの話しです(笑)

西館に着きましたら、速攻で「こしあん堂」に行きましてこしあん本をGet。
FLASH好きにはたまらない面子のアンソロ本です。
続けて「01step」の新刊「とびつきひめ読本&まじあん」をGet。
同人誌とは思えないくらいかなりクオリティの高い解説攻略本でして
しかも、ゲーム付きですので弾幕STG好きは絶対必須のモノだと思います。
そのまま、紫雨飯店・ヤング軒・電脳雷雷軒とサークル買いしている所の新刊を続けてGet。
特に、らいじんさんの「雛見沢村連続怪死事件の謎を追え!!(完全版)」は
あまり数がないという情報があっただけに、Get出来た時は素直に嬉しかったり。
ですが「なかない君と嘆きの世界」が売り切れていたのが残念でしたね・・・。
本命の中で唯一買えなかったのが、この作品だけだっただけに。

本命のサークルを回りましたら、駄目もとで行ってみるか・・・
っと「ひぐらしのなく頃に礼」を買いに行きましたら
何と、行列なしのボーナスゲーム状態。
しかも、売り子の方まで
「今なら並ばないで簡単に買えま~す!!」
と、言っていたのがかなり笑ってしまったり。
とりあえず、こんなチャンスはないなっと

ひぐらしをGet。
コレは凄く嬉しかったですねぇ・・・。

丁度、買い終わった頃Kimさんから電話がありましたので
西館のコピック売り場で待ち合わせ。
待っていますと、何かプレートを上に掲げまして
空の境界の紙袋を背負った方が近づいてきました(笑)
「お疲れ様です!!とりあえず、ありがとう・・・」
と、紙袋毎強奪しようと思いましたがやはりそれは無理でした(核爆)
冗談はさておき、とりあえず「Fate/Zero」をGet致しました・・・。
そして、二人で戦利品チェックをしながら色々話しをしました。
「種村殿が言っていた、ゴルカム本っていうのはどれですか?」
「あーコレッスよ・・・もう、この本の為に
今回、妹の所に泊まっちゃたからね・・・(笑)」
「ん?ゴルゴさんとかが売っているのですか?」
「あー・・・普通にヤマカムさんとゴルゴさんで売っていましたよ」
「いやー・・・一回、そのお二方を見たいのですが・・・」
「あーじゃ、スペースに行きましょうよ。私もあと二冊くらい欲しいですし・・・」
っと、二人でゴルカムさんのスペースに向かいました。


つづく

朝6時半、妹に
「こんなに早く行ってどうすんの?」
などと言われながらも、会場に向けて出発。
ところが、妹が一緒の時はさほど気にしなかった方向感覚が
一人になった途端、相変わらずの方向音痴さが炸裂・・・。
電車の線路までは行けたのですけど
右と左・・・どっちに向かえば駅なのか分からず
PSPのGPSで何とか行けました・・・。
こういう時、本当このソフトは便利ですね・・・凄く時間はかかりますけど・・・(汗)

駅に着きましたら、そのまま東京駅に向かい
京葉線のホームまで速攻ダッシュ!!
そして、新木場でりんかい線に乗り換えまして
いよいよ国際展示場駅に着きました。

相変わらずの人混みの中、最後尾を探して歩いていますと
会場前の列が最後尾でしたので、そこに並びました。

考えてみれば、会場前の列に並べたのは初めてですので
ちょっと驚いたり嬉しかったりしたのはここだけの話しです。
ちなみに、着いた時間は7時49分でした。

並んでいる間、妹に上の写真を添付してメールを送ったり(爆)
一時間前から並んでいます、Kimさんに電話をしたりしていました。
そして、列が動くまでPSPで「ウインターガーデン」を見ていたり
iPodでひたすらI'veの曲を聴いて時間を潰しました。

開場の10時になりましたら、拍手が沸き起こり
それから8分後、いよいよ列が動き出しました。
開場から8分で動くとは思わなかっただけに、これはかなり驚いてしまいました・・・。
やはり大晦日っていうのがでかいかもしれませんね・・・。

階段に上り終わった瞬間、携帯を後ろに向けて
写真を一枚・・・何だかんだで混んでますが(汗)

さて、いよいよ戦闘開始です。
とりあえず理沙は、前もって印刷しておきました
サークルチェック表と地図を見ながら
速攻で東123館に向かいました。
ですが、ダッシュは出来ませんのでほとんど競歩で進んだのはここだけの話しです(爆)
それでも、スタッフに止められましたけど・・・(核爆)

東S-26aに行きまして、速攻で「ゴルカム本」を二冊購入。
売り子にはヤマカムの山田さんとゴルゴ31のゴルゴさん
後ろに缶さんと、黄金メンバーがいらしたのが印象的です。
「この本を買うために来ましたよ・・・」
っと、言いまして缶さんが
「また、今日の夜に・・・」
「???ハイ・・・。」
と、返事をしました。
まさか、このやり取りが後々大変な事になるとは夢にも思いませんでした・・・(死亡フラグ)

つづく

当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ