back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

過去二回程、ピアノでマリオメドレーを紹介しましたが
そのピアノを弾いている方のインタビューがありましたのでここで紹介!!

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091100596872.html
>マリオが大好きな目隠しピアニスト一問一答 | エキサイトニュース

exciteでインタビューをしていたようなのですが
香港出身の18歳で、現在米オハイオ州のクリーブラント音楽大に通う大学生
と書いてある通り、やっぱり外人の方だったようですね。
ま、マリオメドレーで1の後にUSAを弾いていましたので
そうじゃないかなー?っとは思っていましたがコレで疑問が解消されました。
(ちなみに外国ではディスクで発売された「2」ではなく
マリオUSAが1の続編として発売されました。)
中国人と日本人のハーフとの事ですので、これから親善大使にでもなって
日本で精力的に公演して欲しいなぁ・・・って思った理沙はエゴですか?(核爆)

スポンサーサイト

毎年、8月のお盆シーズンと12月の年末に行われるイベントといえば
もう・・・言わずもがな・・・
「コミックマーケット」
ですが、そのコミックマーケット・・・通称・コミケを主催するのは
有限会社コミケットなのは、カタログなど読んでいる方は
みんな知っていると思います。
その、有限会社コミケットの社長、米澤嘉博さんがここに来て重大発表をしたようで・・・

http://www.comiket.co.jp/info-c/C71/060930.html
>米沢嘉博の代表の退任と新しい共同代表の就任について

何と、1980年から今まで、26年間代表を務めた米沢代表が
遂に、代表から降りるとの事です。
っていうのも、よく読んでいきますと・・・

> コミックマーケット70終了後の反省会に出ていた方等は、夏のコミックマーケット70当日
> 米沢がギックリ腰で体調が芳しくなかったことはご存じだったかと思います。
>
> しかしながら、米沢は、ギックリ腰だけではなく、体調不良につき
> 7月から入院しておりました。第3回拡大準備集会もコミックマーケット70当日も
> 病院を抜けて参加する状況でした。
>
> 現在も、米沢は入院加療中ですが、病状は予断を許さない状況にあり
> コミックマーケット代表を続けるのは不可能です。
> 冬のコミックマーケット71への参加も極めて難しいと思います。

と書いてある通り、かなり体調が悪いようなんですね・・・。
夏コミも病院から抜け出して参加していたっていうのですから、余程の事かもしれません・・・。
しかも「予断を許さない」と書いてありますし・・・(汗)
確かに、病気療養に専念してもらった方が良いですね・・・。
とりあえず、これからは米沢代表に代わりまして
「安田かほる」「筆谷芳行」「市川孝一」
の三人での共同代表になるとのことですので、新生コミケにこれから期待していくしかないですね。
米沢代表の病気が回復に向かう事を素直に祈ります・・・。

 QUAINT ROOM  2006/09/30 (Sat)

http://mofuya.com/flash/quaint.htm

>密室脱出ゲーム-クウェイントルーム



「SWAN'S ROOM」を作りました、MUFUYAさんの新作なのですが

前作よりはちょっと簡単な作品になっております。

ですが、簡単といっても速攻でクリア出来るわけでもなく・・・

やっぱり、かなり考える部分もあります・・・。

理沙もアイテムまでは全部手に入ったのですが

それからが分からず、結局ググりまして・・・



http://avg.blog13.fc2.com/blog-entry-83.html

>フリーAVG攻略メモ [アドベンチャーゲーム攻略Blog] QUAINT ROOM 攻略



ここを見てクリアしてしまいました・・・(濁汗)

ですが、脱出ゲームの中では比較的簡単なな方ですので

あまり細かく考えないでプレイしない方がいいかもしれません。

理沙も、電灯のチカチカをある部分で見ればクリア出来ただけに

攻略サイトを見て、負けた・・・って思ってしまいましたし・・・(汗)

とりあえず、脱出ゲームをこれからやろうと考えている方は

このゲームからやるのがいいかと思います・・・。







参考

http://avg.blog13.fc2.com/

>フリーAVG攻略メモ [アドベンチャーゲーム攻略Blog]

http://mofuya.com/

>FLASHゲームサイト-MOFUYA

前回、ピアノでマリオメドレーの記事を書きましたが
あの動画は、二作品目らしく、それじゃ一作品目はどんな感じなんだろう・・・?
っと、ググってみましたら・・・

http://blog.goo.ne.jp/kanimaster/e/c672d47e0a4df35aa22cc72e77711373
>BLOG STATION:驚愕のマリオピアノ
>
>http://media.ebaumsworld.com/mariopiano.wmv

コチラで紹介されていました。
動画を見てみますと、やっぱりまだ練習中っていうのがちょっと分かりますね。
所々、ミスもしていますし・・・。
ですが、アレンジも違っていますのでコレはコレで楽しんで聞けました。
やっぱり、ピアノの音は良いですねぇ・・・。
  

前回、ひぐらしのなく頃にのモデルになりました
白川郷の映像を紹介しましたが
映像だけですと、実際行った時そこがどこなのかは
ちょっと分かりづらいモノと思われます。
そんな方のために、地図と写真で詳細にまとめてくれている
サイトがありましたのでここで紹介!!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~galnaco/higurasi_frame.htm
>”ひぐらしのなく頃に” 雛見沢観光ツアー

コチラのサイトは、白川郷の地図に
ひぐらしの舞台を照らし合わせまして、紹介してくれているのですが
コレはかなり分かりやすいですねぇ・・・。
写真も多いですし、実際行く方のために注意書きもあったりと
初めて白川郷に行く方にはかなり役に立つと思います。
しかも、追補編の項目では写真とゲーム画面を見比べていますので
どこまで同じなのか、見比べたい方は必見かと。
やっぱり・・・秋か来年の春にかけて行ってみようかなぁ・・・。
その前にゲームをやれっていうツッコミが来そうですが(超核爆)

 WHITE CHAMBER  2006/09/29 (Fri)

http://www.fasco-csc.com/works/white/white.php
>FASCO-CS > WHITE CHAMBER

「CRIMSON ROOM」「VIRIDIAN ROOM」「Blue Camber」
っと、名作FLASHゲームを発表してきました
TAKAGISMさんの新作は、今度は白い部屋こと
「WHITE CHAMBER」
です。前作とは違い、CRIMSON ROOM的な雰囲気に戻りましたが
難易度はそのまま・・・っていう感じでして
相変わらず、かなり難しくなっております。
それに加えて、ちょっと怖い所もありますので
(ドアをクリックした時に、窓から顔が出る所なんて特に・・・)
気合いをいれてプレイしないといけないかもしれません・・・(汗)
さて、理沙ですが今回もやっぱり途中で詰まってしまいまして
普通にググってしまい・・・

http://avg.blog13.fc2.com/blog-entry-93.html
>フリーAVG攻略メモ [アドベンチャーゲーム攻略Blog] WHITE CHAMBER 攻略

を見てクリアしたのはここだけの話し(核爆)
しかし、モールス信号とかポスターからジャンプしたURLから
ヒントを知るなんていうのは、ちょっと分からなかったですねぇ・・・。
ただ、今回は前作と比べてEDも良かったですので
クリアした時の達成感はかなりあるかと思います。
とりあえず、脱出ゲームが好きな方は是非プレイする事をオススメします。



参考
http://avg.blog13.fc2.com/
>フリーAVG攻略メモ [アドベンチャーゲーム攻略Blog]
http://www.takagism.net/
>TAKAGISM inc

 雛見沢観光ビデオ  2006/09/28 (Thu)

「ひぐらしのなく頃に」が発表されてから
そのモデルとなった「白川郷」に向かう方が多くなったと思います。
WEB上でもよく、レポートを書いて下さる方がいますが、特に・・・

http://www5.ocn.ne.jp/~yoc/gra.html
>~さざなみ壊変~
http://www5a.biglobe.ne.jp/~dai_/
>DAIさん帝国

このお二方のレポートはひぐらし好きの方は
一度は見た事があるのではないでしょうか?
実際理沙も、レポートを読んで一回行ってみてぇ・・・
って思ったくらいですし・・・。
そんな白川郷とひぐらしの見比べ観光ビデオみたいな映像が
YouTubeにあがっていましたので、ここで紹介!!

http://www.youtube.com/watch?v=8KXpV-nNZqI
>YouTube - リアル雛見沢観光(without shocking effect like sudden loud sound)

ひぐらしの有名すぎるくらい有名な曲・・・
「you」
にのって、ひぐらしの名シーンを淡々と紹介しています。
コレは、かなり分かりやすいですねぇ・・・。
写真でも充分楽しいのですが、動画ですとまた違った楽しさが出てきますね。
 

昔、KYTIMKYMがまだ純粋なニュースサイトをやっていた頃
かなり驚異的な動画を紹介しました。その動画っていうのが
「ピアノでスーパーマリオメドレー」
という、動画です。
pya!や連邦さん・ちゆちゃんの掲示板とかで紹介されましたので
見た方が多いかと思いますが、その動画がYouTubeにあがっていましたのでもう一回紹介!!

http://www.youtube.com/watch?v=U-w_gU7E8b0
>YouTube - マリオピアノ

やっぱり、何回見てもコレは凄いですねぇ・・・。
一番最初に目隠しで、スーマリ1の曲を弾いたと思えば
そのまま、1→USA→3→ワールドっと、一気に繋げていくのは
聞いていても、かなり壮快な感じがします・・・。
特に一番最後の、ワールドのアスレチック面は凄すぎですね・・・。
左手が人の動きを超越していますからねぇ・・・(汗)
ここまで弾けましたら、たいしたもんです・・・。
ちなみに、WMVファイルは

http://www.videogamepianist.com/videos/2.wmv

コチラでDL出来ますので、少しでも画質音質が良いのを見たい方は
こっちで見ると良いかと。



参考
http://www.videogamepianist.com/
>Video Game Pianist
  

昨今、声優ブームと言われて久しいですが
色々な声優さんが登場してきまして、全ての声優さんを把握するには
かなり困難な状態が続いております。
それでなくても、エロゲの声優さんもたくさんいますので
全員覚えるのは、もう不可能かもしれませんね・・・。
そんな、声優さん・・・特にエロゲ系の声優さんの
データベースサイトがありましたのでここで紹介!!

http://gph.sakura.ne.jp/va_memo/system/vadb.cgi
>Voice Artist DateBase

コレは凄いですねぇ・・・。
声優さん毎に、あいうえお順に並べられておりまして
その声優さんをクリックしますと、出演作品がまとめて見られるようになっております。
エロゲ声優特有の名前の変更も、かなりカバーされておりますので
北都南で覚えている方も、ひと美で覚えている方も
充分活用出来るかと思います(濁汗)
しかし、こうやって見ますと、意外な方がエロゲやOVAに出演しているんですね・・・。
そういえば、昔々・・・井上喜久子・かないみか・大谷育江がそういうのに出ている
っていうのを聞いて、ショックを受けたっけなー・・・(汗)

2006年9月20日、長い間やっていた小泉純一郎内閣総理大臣に代わり
安倍晋三官房長官が新総裁になりました。
勿論、決まる瞬間はTVで生中継されまして、ほとんどのTV局は
その速報を伝える、特別番組をやったのですが
ただ一つ、あのTV局は相変わらずのクオリティがあったようでして・・・

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=32983
>pya! テレ東クオリティ

NHK・日テレ・TBS・フジ・テレ朝と安倍新総理を映している中
テレ東だけは、何か違う方が新総理になったようです・・・
って、コレはかなり怖そうな方が総理になりましたねぇ・・・(濁汗)
勿論のように、2chでも話題沸騰なようで・・・

http://news4vip.livedoor.biz/archives/50793927.html
>【2ch】ニュー速クオリティ:テレビ東京の新総裁がちょっと違うぞ

テレ東に映った新総理に絶賛の嵐だったようです・・・(笑)
ちなみに、速攻で職人が

http://image.blog.livedoor.jp/news4vip2/imgs/5/2/52eb0560.jpg

こんな素敵画像を作っていたのには素直にワロタ。
ちなみに、この人は誰だか分かりませんけど
その時テレ東でやっていた番組は2chのテレビ欄を見てみますと

http://epg.2ch.net/tv2chwiki/pukiwiki.php?cmd=tv2ch&day=20060920#13
>テレビ番組欄@2ch 2006/09/20(水) - PukiWiki
>
>[映]マスターズ 超空の覇者

この洋画の敵キャラなんですかねぇ・・・?
この新総裁が気になった方は、TSUTAYAでDVDでも借りて見てみるといいかもしれません。
 

ファミコンが発売された当初のゲームソフトは
全て任天堂から発売されましたが、そこに初めてサードパーティとして
参入したゲームメーカーと言いますと、みんな御存知
「ハドソン」
ですね。そのハドソンが最初に出したゲームといえばこちらも御存知
「ロードランナー」
です。そのロードランナーがDSで完全移植+αで発売されるようでして・・・

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060927/lr.htm
>ハドソン、名作パズル2作品+αを1本に収録。DS「ロードランナー」

ファミコン版のロードランナーとチャンピオン・シップ・ロードランナーの
二作が完全移植されていまして、画面もアレンジ・ポップと切り替えられるモードがあるようです。
しかも、敵キャラが全くいない「詰めロードランナー」も収録されておりますので
ロードランナーをやり込んだ方も充分楽しめる内容かと思います。
勿論、初めてプレイする方のために、チュートリアルモードもありますので
とりあえず、手軽にパズルをやりたいなぁ・・・って思っている方は
丁度いいゲームかもしれません。値段も2800円と手頃ですしね。
発売は10月26日、ロードランナー好きの方は買いかと思われます。

 上京→帰郷  2006/09/28 (Thu)

長崎出身の有名サイトの管理人といえば
やっぱり、着ぐるみをこよなく愛するWEBサイト界一の旅人・・・

http://www.henjinkutsu.net/
>Hjk/変人窟

の管理人「たび」さんを思い出されますが
(ちなみに、変人窟内にあります、長崎情報ページ

http://www.henjinkutsu.net/nagasaki/
>Hjk/.NAGASAKI

は、そこらへんの情報誌よりも詳しく長崎を紹介しておりますので
旅行や観光を計画している方がいらっしゃるなら是非読んでおいた方がいいページかと思います。)
もう一人、長崎出身の有名管理人と言いますと
ろじぱらのワタナベさん並に、スクール水着をこよなく愛する・・・

http://kemux.com/
>煙いブログ

の管理人、けむりさんを忘れては行けません。
そんな、けむりさんが友人の結婚式のために長崎へ帰郷していたようなのですが
そこで実家にいる時、フトこんな事を考えたようです。

http://kemux.com/archives/2006/09131541.html
>煙いブログ: 無敵看板息子

東京で一人暮らしをしていまして、いざ実家に帰りますと
やっぱり、実家の方が住みやすく感じてしまったようです。。
理沙は、ずっと実家暮らしなので、そこらへんの気持ちは
あまり分からないのですが、やっぱり住み慣れた所が良く感じてしまうんでしょうねぇ・・・。
確かに、東京にいればけむりさんの書いてある通り、OFF会などのイベントには
すぐに行けますし、終電もあまり気にしなくてもいいだけに
純粋に楽しめるのですが、とにかくお金がかかりますからねぇ・・・。
どっちが自分にとって、幸せなのか考える時期なのかもしれませんね・・・。

アニメを見ていきますと、そのキャラクターや原作者
声優など詳しくなっていきますが、もっと見ていくと
自然と制作スタッフも詳しくなっていくものです。
そんな、アニメ関係の製作者のデータベースがありましたのでここで紹介!

http://www.yuriai.com/private/anime/mator/mator.html
>アニメーター伝説

コチラのサイトでは、監督・キャラデザ・原画家などスタッフの方が
あいうえお順に綺麗にまとまれております。
所属事務所や担当したアニメなども書かれていますので
アニメを、監督やキャラデザで追いかけている方は
かなり目にブックマーク必須かと。
ただし、1996年までのデータのようですので、それ以降の新進気鋭のスタッフは
載っていませんので、そこらへんはご了承下さい。

漫画本や文庫本など、本が沢山増えていきますと
何の本を持っているのか把握できなくなっていくと思います。
そういう方は、Excelでまとめたり、Accessでデータベースを作ったり
理沙みたいな何の技術も持っていない方は
メモ帳で書く方がほとんどだと思います。
そんな、本のデータベースを作るのに強力なTOOLがあるようでして・・・

http://homepage1.nifty.com/EKAKIN/
>EKAKIN'S SCRIBBLE PAGE

コチラのサイトで公開されております

http://homepage1.nifty.com/EKAKIN/shihonplusv2.htm
>私本管理Plus

っという、このTOOLなのですが
こちらのTOOLは、手打ちで本の情報を入力して
データベースを作ったり、プラグインによってAmazonから情報を取得して
作ったりと、本のデータベースに特化したモノとなっているようです。
CGIを使って、作ったデータベースをWEB上で公開出来るようですので
こんな本持っています!っと、他の方に知らせたい方は
コチラのTOOLを使ってみるといかがでしょうか?

ファミコンミニとか発売されまして
昔のファミコンゲームが手軽に遊べましたが
その中で「新・鬼ヶ島」や「ファミコン探偵倶楽部」などの
アドベンチャーゲームで詰まった方も多いかと思われます。
基本的にアドベンチャーゲームってコマンド総当たりで
先に進めるんですけど、ゲームオーバーやループがありますと
一気に萎えますね・・・。
そんな方の為に、レトロなアドベンチャーゲームを中心に
攻略方法をまとめているサイトがありましたので、ここで紹介!!

http://www.adventureisland.org/index.htm
>Adventure Island

サイト名の通り、アドベンチャーゲームの攻略が多いですが
他にRPGやアクションゲームの攻略もありますので
そちら方面で詰めっている方も見ておくといいかと思います。
特に神宮寺三郎シリーズ、任天堂ディスク前後編シリーズは
全て攻略されておりますので、そちら方面で詰まっている方は
ブックマーク必須かと・・・。
ちゃんと、フローチャ-トやマップもありますので
初見でも充分役に立つと思いますし。

2chで気になる情報を探す時って、色々検索方法がありますが
ま、だいたいその情報が載っていそうな板に行きまして
そこから「このページの検索」で調べている方が多いかと思われます。
(ま、コレって理沙だけかもしれませんけど・・・)
そんな2chのスレッド検索が簡単に出来るサイトがありましたのでここで紹介!

http://x.ma.la/
>2chスレッド最速検索 2nd (2GHz推奨、JavaScript必須)

コチラは、Javaで簡単に2chのスレッドが検索できるサイトです。
例えば「ナムコ」を検索した時は、板に「ゲーム」と書きまして
スレに「ナムコ」と入れまして、左側にあります
各ゲームの板をクリックしていきますと、順に「ナムコ」と書かれている
スレッドをハイライト付きで表示してくれます。
2chのスレッド検索系ってたくさんありますけど
理沙はここが一番使いやすいですねぇ・・・。

今年の夏コミで遂に
「ひぐらしのなく頃に」
も、無事完結致しました。
ま、冬コミはファンディスクが出るっていう話しがありますし
漫画の方も番外編が連載されていたりと
まだまだ、ひぐらしは終わる気配はないんですけどね・・・(汗)
そんなひぐらしで、メインヒロインといえば
「竜宮レナ」
ですが、そのレナのいつものポーズって

http://www.amiami.com/images/product/main2/HOB-FIG-2295.jpg

フィギアの画像ですが、こういう感じに
招き猫のように手をやるんですよね。
このポーズって、どっかで見た事があるんだよなぁ・・・
っと、ひぐらしがブームになってからずっと思っていたのですが
その疑問が一気に解消出来た画像がありました。

http://yotaba.dyndns.org/2d/niju/src/1157480170280.jpg

コレ・・・だ・・・(濁汗)
 

http://hw001.gate01.com/karzu/column/karzuspflashtaizen01.html
>かーずSP選 FLASH大全 VOL.01

っというわけで買って参りました。
最初、本屋さんで探していた時、てっきり「ネットアニメDVDコレクション」みたいに
中閉じ本だと思っていたのですが、ちゃんとオフセット本でしたので
手に取った瞬間、その豪華さにビックリしてしまいました・・・(濁汗)

内容は、もう本当にFLASH好きによるFLASH好きのための本!!
って感じでして、かなり分かりやすい解説と職人さんのコメントが非常に読みやすくて
思わずFLASHを見たくなるような本になっております。
例えば「なつみSTEP!」とかですと、隠された部分を抽出して紹介していましたり
「PokerFaceUp」ですと、ルールをしっかり書いてありますので
説明書代わりになったりと、いたれりつくせりの内容かと思います。
文章の他にも、たくさんのカラー写真がふんだんに使われているのも良いですね。
「バスが来ない」や「相田みつおの世界」とかは、その写真だけで
どういった作品なのか、一目で分かるのも好感が持てます。
ここらへんは、かーずさんの画像を抜き出すセンスの良さが分かりまして
流石、たくさんのFLASHを見ているだけあるなぁ・・・
っと、改めて再認識させられました・・・。

作品の紹介だけではなく、最後のページにちゃんと素材系のサイトも
紹介しているのがまた心憎いですねぇ・・・。
この本を読んで、FLASHを作ろうと考える方もいるでしょうから
そういう方のために、こういった情報を載せておくと作りやすいですからね。
実際理沙も、FLASH・・・作ってみようかな・・・
って思ったくらいですし・・・(どうせ途中で頓挫しますけど・・・(核爆))

UG-Kさんのコラムは、商業アニメとFLASHとの違いを分かりやすく解説しています。
そして、これからFLASHが商業に向かうにはどうすればいいか
などと、FLASH好きはちょっと気になる話題なだけに、コレはかなり必読かと。
GilCrowsさんは、FLASHの潮流について。
現在YouTubeの台頭などにより、FLASH自体が寂れていった感じがありますが
ソレについて、GilCrowsさんなりの解説が書かれております。
今、旬の話題なだけに、コレもかなり必読かと思います。

全体的な感想とすれば、とにかくFLASH好きにはたまらない本ですね。
ばるぼらさんの「ウェブアニメーション大百科」がFLASHの歴史を紹介する本だとすれば
この本は純粋に「作品」を紹介する本だと思います。
もう、本当に作品の解説が愛があって読みやすいんですよね。
(勿論、ばるぼらさんもそうですけど・・・(濁汗))
理沙がかーずさんのファンっていうのもあるんでしょうけど、本当にそう感じました。
昔から、かーずさんの文章を「やわらかい文章」っと表現していましたが
その「やわらかい文章」の最高傑作かと理沙は思いました。
ここまで出来がいい本ですと、本当にVol.2が出て欲しいと願ってしまいますね。
「CRIMSON ROOM」「こ~こはど~この箱庭じゃ?」「赤い部屋」
などの、名作FLASHもないですしね・・・。
とりあえず、一人三冊は買いましょう!!(爆)

以前、ぼくのなつやすみにバグ技で8月32日がある事を書きましたが
その内容がすこぶる怖い感じでして、一回見てみたいなぁ・・・
っと思っていたのですが、遂にその動画がYouTubeに挙あげられました。

http://www.youtube.com/watch?v=ruU-ng5lEQ4
>YouTube - ぼくのなつやすみの8月32日

いやぁ・・・何か地味に怖いですね。
音楽もなければ、常にそこにあるものがない・・・
いつもやっている事をやらない・・・
っと、日常が崩壊していく様がジワリジワリ伝わってきます。
しかも、倉の宝物庫みたいな所に行きますと
お爺ちゃんがバグって上から現れますし・・・。
絵日記を描いて翌日になると、いつもの朝食をやっとするのですが
周りのみんながバグっていて、異星人みたいになっているのには
かなりビビってしまいました・・・。
通過、コレはアレですか・・・?Lain?(爆)
最後はぐちゃぐちゃの絵日記で終わりますが
何かソレが全て終わった感があったのは理沙だけでしょうか・・・?
しかし・・・初めてこのゲームの動画を見たのですが
カメラワークがまんまバイオハザードですね・・・。
コレじゃ、ますます怖いですよ・・・。

前回「涼宮ハルヒの憂鬱のED・・・
「ハレ晴レユカイ」
の絵コンテが発表された記事を書きましたが
早速、あの絵コンテの振り付けで踊った方の動画が
YouTubeで公開されたようですので、ここで紹介!!

http://www.youtube.com/watch?v=pcFojTJ4BI0
>YouTube - Harehare Yukai - ハレ晴レユカイ フルバージョン(アニメver)

あらためて、このダンスの一連の流れを見ますと
意外と振りが激しいダンスなんですねぇ・・・。
ですが、そのダンスを普通に踊っているこのお三方もかなり凄いですね。
とりあえず、実際に踊ってみるとどうなるか見てみたい方は
コチラの動画を見てみると良いかもしれません。
これから、この振り付けて踊る動画が増えていくんでしょうねぇ・・・。

 思い出のCANDYTIME  2006/09/26 (Tue)

理沙はあまり成年漫画って知らないのですが
そんな中、かなり読んだ成年漫画雑誌っといいますと
「CANDYTIME」
を思い出します。
この雑誌って、比較的読ませる漫画が多かったですので
純粋にストーリーを楽しんで読んでいました。
ラッジャーヴェラク、藤咲真、風鈴、MEE、NYAN、小菅勇太郎・・・etc
っと、面子もかなり良かったのが印象的です。
そんな、CANDYTIMEのデータベースがあるサイトがありましたのでここで紹介!!

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/sinrei/candytime/menu.htm
>CANDYTIME FAN

コチラのサイトは、創刊号から休刊号までの
178冊中、165冊分の漫画家と漫画のタイトルがまとめられておりまして
好きな作家で、単行本なっていない漫画などを探すとき
かなり役に立つかと思います。
あと、リンクも各漫画家さんのリンクがかなり充実していますので
そちらも役に立つかと・・・。
しかし・・・漫画家リストを見ますと、今では商業で活躍しています
NYAN(祥寺はるか)、恋緒みなと、綾坂みつね、咲香里、山本賢治
などの名前がありまして、何か遠い目をしてしまいました・・・。
ホント、この雑誌だけは残っていて欲しかったですねぇ・・・。

昔々・・・まだ2chに大規模OFF板もなかった
2001年10月15日、2chの住人達があるTV番組に釘付けになりました。
その番組というのは、番組間の時間の埋め合わせとして放送される
「テレビ朝日フィラー中継」
でして「今から行ってここに映る」とスレが立ちましたから、さー大変。
住人達が誰か何かしろ的なカキコで埋められまして、深夜にも関わらず
かなりの祭りになりました。
そんなフィラーの祭りをまとめたサイトがありましたのでここで紹介!

http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/15_hiroryuron/019_kami/page.html
>深夜、テレビ画面に舞い降りた神の話(1)

何回かフィラー祭りっていうがあったようなんですが(後述)
その中でも、最も古いといわれているフィラー祭りのまとめです。
全部で4ページあるのですが、読んでいくとどんどんエスカレート
していくのが分かりましてかなり面白いですね・・・。
最初、場所はどこだ!?っと探っていまして
「丸の内三交差点」と場所が特定されましたら
ワゴン車が止まってパッシングをすると、いよいよ住人が動き出しました。
その後、ワゴン車が横断歩道を直角に曲がったりと
違法な事をやりつつ、その後別な車が止まってそこから踊り出す人
横断歩道をスキップする人っと、深夜にも関わらずかなりのお祭り状態になっていきました。
そして、人がいるにも関わらず突然横ドリをかます奴が現れまして、祭りは最高潮に達しました。
最後に、コマネチをかます方が現れましてソレでこの祭りは終了したとの事です。

しかし、コレはホント凄い祭りですねぇ・・・。
このどんどんエスカレートしていくのがいかにも2chで非常に面白いです。
この後も色々テレ朝と2chの攻防戦があったようなんですが

http://joinus2ch.at.infoseek.co.jp/
>2ちゃんねるvsテレ朝 - 戦いの記録

コチラのサイトを見る限り、2004年11月1日を最後に
フィラー中継はやっていないようですね・・・。
今の時代にやったら、また違う面白さがあるだけにちょっと残念。

ぎょぴさんから色々本を借りたのですが
とりあえず、二種類ほど読み終わりましたので
(厳密には三種類ですけど・・・)
徒然と感想をば・・・。


★★★Rozen Maiden★★★
 
御存知、PEACH-PITが描きます、大ヒット作品ですが
意外と理沙は、アニメも漫画も見た事がありませんでしたので
ぎょぴさんに
「『ゴジックロリータ大全』とか買っている種村さんが
何でこの漫画を読んでないのか、不思議でしょうがないですよ・・・。
だから、コレは絶対読んで下さいね・・・通過、読め!!」
っと、命令形で言われてしまいましたので、とりあえず一気に読んだのですが
コレはかなり面白いですねぇ・・・。
「アリスゲーム」っていう単語は知っていたんですが、何でアリスなのかやっと分かりました・・・。
通過、コレって基本的にバトルロワイヤル的なストーリーなんですね。
しかも、姉妹での戦いですので、色々思惑があって一筋縄ではいきません。
ソレが逆に熱くて、どんどん世界に引き込まれていきました・・・。
でも、印象に残っているシーンはやっぱりジュンのトラウマのシーンだったり・・・(汗)
いや、アレはマジキツイですよ・・・。
よく、自殺しなかったなぁ・・・っとちょっと感心してしまいました・・・。
理沙も似たようなトラウマを持っているだけに、他人事とは思えなかったです・・・。
アニメでは、蒼星石って普通に動いていたのですが
漫画の方は、ずっと動かないままなんですね・・・。
コレはちょっと意外でビックリしてしまいました・・・。
さて、6巻まで理沙は読んだわけですが、ここはやっぱりお約束な事を。
誰が一番萌えるかっていう事なんですけど、ズバリ理沙は
「真紅」
です。水銀燈とか翠星石あたりが一番人気でしょうが
理沙はやっぱり、真紅が一番良かったなぁ・・・。
分かりやすいツンデレっていうのがポイントですかねぇ・・・?
(ま、翠銀燈もツンデレですが、ちょっと分かりづらかったんで)
ソレに紅い服が似合うっていうのも、良いですしね。
6巻の終わりが雛苺がこのままどうなるか?
っていう感じですので、コレはかなり続きが気になりますね。
その前にアニメも見ておくしか・・・ないだろうなぁ・・・(濁汗)

★★★がぁ~でぃあんHearts★★★

昔から、ちょっと読んでみたい漫画だったのですが
何故か今まで読んでいませんでしたので、コレを機会に一気に読みました。
基本的に変身モノが大好きですので、すんなりと読めたのですが
この漫画の面白い所は、キャラクターみんなが個々の正体を知らないっていう所ですね。
そこが、変にもどかしくて面白かったです。
ジャンル的には天地無用!から始まった、ハーレム漫画なんですが
それぞれのキャラが魔法少女・忍者・巫女・メイドと
何かは引っ掛かる属性がありますので、萌え系が好きな方は無難に楽しめる作品かと(汗)
ただ、主人公が覚醒したり敵になったりと
本当に天地無用!を思い出してしまうんですよねぇ・・・。
ま、コレはコレで理沙は萌えましたのでいんですけど・・・(核爆)
一番良かったシーンはやっぱり、ひなが
みんなの前でガーディアンハーツに変身した所ですかねぇ・・・?
遂にキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!って思ってしまいましたし。
しかも、その後主人公が敵側になるという、かなり熱い展開になりますし・・・。
そこだけは、何回も読んでしまいました・・・。
ですが、一番好きなキャラは
「くるす」
なのはここだけの話しです・・・(濁汗)
だって、色々な衣装を着て変わるっていうのが、かなり理沙的にピンポイントなんだもん!!(爆)
しかし・・・最後に重婚で終わるとは何か凄い漫画ですね・・・。
ま、コメディですからアリはアリですけど・・・(汗)

★★★まるごと杏樹学園★★★

天津冴繋がりで、この漫画も初めて読んだのですが
今度は女装ショタな主人公が、妖怪だらけの学園に転入するという
コメディ漫画なんですね。
コチラも、基本的にはハーレム漫画ですので
前作の「がぁ~でぃあんHearts」から続けて読んでも何も違和感がなく読めました。
ただ、基本的に主人公は男っていうのを隠して生活していきますので
そこの変な緊迫感が結構面白いですね。
まぁ・・・この巻で普通に約二名ほど正体がバレますけど・・・(汗)
この作品も前作同様、入浴シーンがありますが
前作と違うのは、ちゃんと
「乳首」
を描いているのが、かなり目にポイントが高いですね(核爆)
「さすが少年エース! 少年ジャンプにできないことを平然とやってのけるっ!
そこに痺れる! 憧れるうぅ!」
っと、素で思ったのは絶対にここだけの話しです(核爆)
(あ・・・スクエニも乳首はないんだよなぁ・・・(汗))
とりあえず、まだ始まったばかりですので、これからどういう展開になっていくか楽しみですね。
某成瀬川なる・・・某神楽坂明日菜みたいなキャラがいるなぁ・・・
とか思ったりもしてしまいましたけど・・・(かなり問題発言(核爆))



次は「D.C.シリーズ」「かりん」と読んでいきます。
まだまだあるなァ・・・。

今ではあまり見かけなくなりました
「フロッピーディスク」
ですが、それでも会社でテキストを渡す時や
ワープロを使っている方は、今でも重宝している方が多いと思います。
そんな、フロッピーディスクを使って実用的なモノを作った方がいたようでして・・・

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060925_floppybag/
>フロッピーでつくったカバン - GIGAZINE

・・・何か変にカッコイイですね。
とりあえず、昔98時代にエロゲなどのゲームをたくさん複製って
フロッピーディスクが大量に余っている方は作ってみると良いかと。
中身の保護機能は一切無く雨が降れば悲惨な事になりますが(爆)

http://mainte.gyao.ne.jp/
>USENメンテナンス情報
>
>日頃より当社サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
>只今メンテナンス中です。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
>今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
>
>【メンテナンス期間】
>2006年9月26日(火) AM1:00 ~ AM11:00 (最大10時間)

ってなわけで、最悪明日のお昼前まで見れないようですね。
とりあえず・・・

http://page.freett.com/karzu/
>かーずSPミラー

こっちが更新されるのを待ちますか・・・。
このままって可能性もありますけどね。
執筆で疲れているでしょうから・・・。



あ、ちなみにまたかーずさんが夢に出ました。
今回は、ゴルゴさんとだんげさんも出ていまして
理沙の車でみんなでキャンプに行く内容でした。

初期のファミコンゲームで
「糞ゲー」
なゲームって言いますと、色々なタイトルを挙げられますが
その中でも、コレは騙された!!って思ったゲーム
って言いますと、やっぱり
「バンゲリング・ベイ」
を思い出す方がいるかと思います。
発売当時、コロコロコミックがやたらヨイショしていまして
実際やってみたら、死にたくなった子供が続出したっていう
曰く付きのゲームなだけに(一部誇張アリ)変に印象に残っているんですよね・・・。
そんなバンゲリング・ベイをとても上手くプレイする動画が
YouTubeにありましたので、ココで紹介!!

http://www.youtube.com/watch?v=3OYrAG2OUcw
>YouTube - BANGERING BAY BATTLE SHIP ATTACK

バンゲリング・ベイには敵キャラとして
船がいるのですが、基本的に船が出港しましたら
死を意味する・・・っていうくらい、かなり強力な敵でして
ホーミング弾をバンバン撃ってきましたり
船自体も、ボムを何発も撃たないと倒せないという
本当に子供泣かせのキャラでした・・・。
このムービーでは、その船を普通に撃破しているムービーです。
そして、もう一つ・・・

http://www.youtube.com/watch?v=b4OQl-cuvgM
>YouTube - BANGERING BAY FACTIRY ATTACK

コチラはクリア寸前の最後の攻防戦を映したムービーです。
空母がピンチになっていたり、撃破する工場の側では
飛行機がホーミング弾を撃ってきたりしますが
ソレを普通に避けて、工場を撃破・・・
そして、クリアするというかなりの作品です。

このゲーム・・・やった事がある方は、分かるかと思いますが
とにかく、バンゲリング・ベイってすこぶる操作性が悪いですので
こんな動きはなかなか出来ないんですよ・・・。
いやー・・・何かファミコンロッキーを思い出してしまいました・・・。
本当に絶妙で思わず魅入ってしまいますね・・・。
≪中古FCソフト≫バンゲリングベイ【箱・説明書付き】

 GIF  2006/09/25 (Mon)

理沙が看板の画像や、自作の絵とかを仕上げる時は毎回
「GIF」
を使っています。
JPGでもいいのですが、どうもJPGは画像の劣化が分かりやすくて
そんなに好きじゃないんですよねぇ・・・。
写真とかたくさん貼る時は容量が軽いだけに、JPGにしちゃいますけどね・・・(汗)
そんなGIFの詳しい説明が書いてある記事がありましたのでここで紹介!!

http://bb.watch.impress.co.jp/cda/bbword/15513.html
>その94「GIFの構造」:槻ノ木隆の「BBっとWORDS」

基本的には写真などの自然画には弱いですが
その代わり、アニメや透過などが出来るのが
何といっても強いんですよねぇ・・・。
色数は256色までしか使えませんので、どっちかっていいますと
モノトーン系の単色が多い画像などを作る時はGIFの方が良いかもしれませんね。

今まで二回程、アトランチスの謎のスーパープレイを紹介してきましたが
また懲りずに、紹介したいと思います(核爆)
今回、紹介するのは普通の速クリではなく
ちゃんと、途中無敵になるアイテムを取ってのクリアムービーです。

http://www.youtube.com/watch?v=_ebUd2ud-yk
>YouTube - Atlantis no nazo normal clear

たぶん、コレが正攻法のクリアでは最速ではないかと。
それでも、5分を切るのですから如何に単純に
出来ているか分かってしまいますねぇ・・・(汗)
しかし・・・途中無敵になるアイテムがあるっていうのは
どう考えても画期的なゲームだと思います・・・。
流石、100面もあるアクションゲームですね。
  

http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1158502955/
>超名作言葉にできないの第二弾を作ろう

二回ほど、言葉にできない動画を紹介しましたが
あれからも、このスレは元気なようでして
色々、素材を集めているようです。
そんな中、またまた新しい作品がYouTubeに上げられたようでして・・・

http://www.youtube.com/watch?v=MyaUWYEKfMQ
>YouTube - 今日も一日世界が平和でありますように

作った方は、スレの>>415さんのようですが
今回は、言葉にできないっていう感じのモノではなく
世界平和をただただ祈る作品になっています。
ちなみに、曲はゴスペラーズの「ひとり」です。
コレは最後の最後がちょっとイイですね・・・。
一瞬、えっ?っと思いますが、その後すぐに
「なーんだ・・・」
っと、ちょっと和んでしまいました・・・。
このシリーズ、なかなか良作が続いていましてこれからもかなり期待ですねぇ・・・。

当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ