back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

第三部はアニメを中心に公開とのこと。

★100 color pencils (2501)
この作品が公開される前、司会の方が
「当初第一部で上映予定だったのが、第一部が始まる直前に完成
CDもって走ってらっしゃいましたー」
的な事を言っていまして
「オイオイ・・・イベントでそんなギリギリでいいのかよ・・・」
っと、思いましたが、急遽わたさんが参加をやめたり
始まる前のお詫びにmonochromeさんが急遽参加できなくなりました的な事が
書いてありましたので、間に合っただけマシかー・・・
って思ったのはここだけの話しです(汗)
内容は、爽快感がありますPV系FLASHです。
ごめんなさい・・・PV系のFLASHって一番感想とか書くのが難しいんですよ・・・。
とりあえず、見ていて気持ちがイイとしか言いようが・・・(濁汗)
でも、作中に「512kb」とありまして
「生きてたんだ・・・」
っと、ファンとして安心したのはここだけの話しです(爆)

★umeyon the★movie!! (梅四)
着ぐるみ(?)を着た主人公がいじめられながらも
たくまくく生きていく・・・っていう感じのFLASHです。
ポップでキモカワ系なキャラクターがたくさんでてきまして
マスコットとか326系の絵が好きな方はかなりハマるかと。
ただ・・・理沙が馬鹿なだけかと思いますが
ストーリーがちょっと分からなかったです・・・。
特に、たくさんの着ぐるみ(?)を縫う所・・・。
何でたくさん縫ったのか?結局分からないまま終わってしまいました・・・。
曲がかなりいいですので、セリフを排除したのは
非常にいいのですが、逆にそこらへんがキツクなってしまうのが・・・うーん・・・。

★廃墟の傭兵 (てのり)
「森林の子」っていう作品の続編とのことです。
ですが、森林の子を見た事がない理沙はとりあえず得意の
途中読みならぬ、途中鑑賞ということになりました(爆)
内容は、何でも屋的な男達と傭兵が廃墟にいる怪物を倒すというストーリー。
とりあえず、セリフ付きで動く動く・・・。
鋼の錬金術師っぽい感じでしたので、ソレ系が好きな方はかなりオススメかと。
ですが、とかく音声が聞きづらかったです。
途中、何言ってるのかさっぱり分からない場面もありまして
その地域の方言とかを表しているのかと思うのですが
やっぱり字幕が欲しかったです・・・。
ちなみに同席していたぎょぴさんが、この音声の聞き取りづらさで
けちょんけちょんに貶していたのは絶対にここだけの話し(核爆)

★曼珠沙華 (宵一)
一人の老人がベンチで線香花火をしまして
昔を思い出していたら・・・思い出の女の子が現れて・・・
っというしんみりとした、かなり静かなFLASHです。
とにかく、この静けさがイイですね。
ひぐらしの鳴き声・・・風鈴の音・・・川のせせらぎ・・・
そして、少女の歌声・・・っと最低限の音しかありませんので
静かさがより引き立っております。
少女が彼岸花を持っていまして、やっぱり彼岸花は綺麗だなぁ・・・
っと、黒澤明の「生きる」っていう映画がよぎりながら思った理沙でした(核爆)

★Twinkle 取れないマスク (流星星野)
ほんわかとした、ファンタジックなお話しなFLASHです。
絵本をそのままFLASHにしたような感じでして
メルヘンなモノが好きな方は、必見かと。
色々な顔に変えられるのですが、変えすぎて自分の顔を探している旅人と
主人公の一時の触れ合いのお話しなんですが、最後のシーンで
思わず胸がジーンとしたのはここだけの話し・・・(汗)
いやー・・・この手の話しってちょっと弱いんですよ・・・。
しかし・・・壇上で誰かが
「穴清水さんとこの作品が同時に流れるのはすごい事ですね」
って言っていましたが、本当にそうだなぁ・・・っと深く深く同意してしまいました。
これこそ、イベントならではの醍醐味ですね。

★無重力少女SORA (nae)
全編アニメの予告編でしかも、声つき
全話のタイトル付き!という、ボリューム満点のFLASHです。
とにかく、普通にアニメとしてやっていけそうな感じが凄いですね。
設定もしっかりしていそうですし、何より全26話(だと思う)の副題までちゃんとあるし・・・。
眼鏡をつけると、スーパーサイヤ人みたいになれるっていう設定に
変身モノ好きの理沙は
「とりあえず・・・GAINAXあたりで来春公開か?」
っと、思っていたのはここだけの話し・・・(核爆)
作品の最後に主人公が
「この眼鏡イケてない?」
みたいな事を言っていたのですが、かーずさんが
「イケてないメガネって俺のことか!?」
っと、ちょっと自爆しているコメントに笑ってしまいました。
西村博之さんが
「アニメですね。」
井上トシユキさんが
「『ほしのこえ』みたいですね」
と、コメントをしていましたが、本当に普通にアニメですねぇ・・・。
いよいよFLASHで、普通にアニメが放映・上映される時代が来るかも知れません・・・。
そんな事を思わせる作品だと思います。

★銀河鉄道の夜に (赤木虫大)
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を元にしたFLASHです。
とにかく、映像と詩がマッチしていまして
文章を読ませるパワーを感じます。
FLASH☆BOBの時にも書きましたが、やはり詩(ポエム)などは
単調になりやすいモノなだけに、こういった演出をしてくれますと
違和感なく読めますね・・・。
onokenさんの曲を使っているのもBM98大好きな理沙にはかなり嬉しかったです。

★土煙高田馬場 (日暮里本社)
「高田馬場の決闘」っという短編小説をFLASH化した作品です。
赤穂浪士の堀部安兵衛が主人公とのことで、忠臣蔵好きの方はかなり必見かと。
とにかく、この作品もアニメーションが綺麗綺麗!
そして、ひたすら走る!っていう作品ですので
スピード感がありまして、実際時間と体感時間の差がかなりある作品だと思います。
イイ所で終わってしまいますので、かなり続きが気になる方は

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=as2&path=ASIN/4101156808&tag=kytimkym-22&camp=247&creative=1211
>堀部安兵衛〈上〉
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=as2&path=ASIN/4101156816&tag=kytimkym-22&camp=247&creative=1211
>堀部安兵衛〈下〉

あたり読んでおくといいかと。
菊池寛ではなく池波正太郎ですが・・・(濁汗)

この作品が終わった後、最後の休憩になりました。
理沙はとりあえず会場でそのまま待機していまして
ぎょぴさんは煙草を吸いに喫煙所まで行きました。
そろそろ、3500円払った


★超絶無職ニィトガイ (アンタイトル)
ドクオが主人公の変身・・・ではない、コスプレモノのアニメFLASHです。
とにかく、スピード感とギャグがうまく融合していまして
非常に笑わせてもらいました(笑)
特に「林原ぬぐみ」っていう所に
「ぬぐみって誰だよー!!!」
っと思わずツッコんじゃったし!!(笑)
西村博之さんが

「職安ってあんなに怖いところなんですか」
って言っていたのが印象的(笑)
ちなみに理沙は職安から今の会社に入ったので
「怖くはないよー・・・ヒッピーみたいな奴やDQNは多いけどー」
っと思ったのはここだけの話しです(爆)

★団地妻- Apartment Wife - (halcyon)
団地妻が福引きのハワイ旅行を狙うのですが
当たったのは大根五本・・・そこへ強盗がやってきて
団地妻がその強盗をやっつける・・・
という、ベタといえば、ベタなストーリーなんですが
非常にコミカルに王道をいった作品で笑ってしまいました。
ドリフとかが好きな方はハマるかもしれません。
特に最後の食卓の風景に
「あー・・・大根の煮物・・・美味いんだよなぁ・・・」
っと、お腹が減ってきたのはここだけの話しです(爆)
上映後、作者のhalcyonさんが覆面を被って登場!!
ですが、作品の質問やこれからの展望などを普通に話しまして
そのまま舞台袖に下がりました。
西村博之さんが
「見た目には誰もツッコまないの?」
っと言っていましたが、理沙には
「みんな素顔で出ているのに、覆面なんかしてんじゃねーよ!ボケ!!」
っていう、無言の圧力を感じたのは絶対にここだけの話し(濁濁濁汗)

★母娘漫才 飴鞭家ジェシー・ケイト (みやかけお)
外人女二人のツッコミ・ジェシー、ボケ・ケイトの漫才FLASHです。
とにかく、このFLASH☆BOMBの作品の中で最も熱く
そして笑わせてもらったFLASHでした。
FLASH☆BOMBの存在意義、そして金の流れ・・・
西村博之さん批判・・・っと、みんな心の中では思っているんだけど
口には出せない事をかなり代弁してくれました・・・(笑)
特に西村博之さん批判の時は、西村博之さん自身もかなり笑っていたのが印象的。
ちなみにそのネタの時、すかさず
「大丈夫、どーせ差し押さえられるんだから!!」
っと、ツッコんだのは絶対にここだけの話しです。
字幕の効果音も分かる人にはかなり笑いのツボがありますね。
ちなみに、ジェシーは「オホーツクに消ゆ」
ケイトは「ポートピア連続殺人事件」の効果音でした(たぶん)
上映後、作者のみやかけおさん登場!!
登場したやいなや、いきなり西村博之さんに土下座と、魅せてくれました(笑)
よく見ると、FLASH☆BOMBの物販会場で立っていた人で
「あー・・・あの人FLASH職人だったんだー・・・」
っと、驚いてしまいました。
土下座の後は普通に司会の方々と喋っていたのですが、とにかくやる気があるのかないのか
分からないような感じで、普通に本人も面白い人だなぁ・・・
こういう人だからこそ、こういうFLASHが出来るんだろうなぁ・・・
っと感心してしまいました。
でも、自分のDVDの宣伝はやる気出しまくりで宣伝していましたが(笑)
カミさんがいるようで、そこらへんに触れると怒っていたのが印象的(笑)

★ファンキーブッダ (すなふえ)
司会の方が
「次はこの方です!」
と言って、スクリーンに「すなふえ」という字を見た時
「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
理沙ぁはこの人とつかはら(さん)の為に3500円払ったんだからよー!!」
っと、思わず口に出して言ってしまったのは絶対にここだけの話しです(核爆)
いきなり出だしで、すなふえさん本人のナレーションが始まり
「さて、世界のすなふえでございます」
っと言った時
「自分で『世界のすなふえ』って言ったら世話ねーな・・・」
っと頭によぎりましたが、とりあえずソレは抹消しました(核爆)
内容は古今東西、色々な変な大仏を紹介する内容でして、前半部分を見る限り
「あんまり、カスラックとか髭の組織とか京都腐刑が喜んで来そうな感じじゃないなぁ・・・」
っと思っていたのですが、後半部分に入りますと
もう飲まネコ飲まネコのオンパレード!!
「この作品、前半かっ切って、後半部分だけでいいんじゃねぇの?」
って思うくらい笑わせてもらいました。
大仏の中に、下妻物語で一躍有名になった威哀さんの故郷、茨城県の
牛久大仏が入っていましたので
「すなふえさん・・・茨城県の地に足を踏み入れたんだ・・・」
っと、ちょっと嬉しくなったのはここだけの話し。
ちなみに壇上で、司会の方がおとまにあさんに振ったのですが
「僕に振らないで!」
の一言で終わったのは笑ってしまいました。
「『楽しい著作権の話』に比べたら、充分コメントできる内容だろ・・・」
と、ツッコんでしまいましたが・・・(核爆)
とりあえず、上映後理沙が持った感想は
「MUZOさん、とりあえず1750円返せ」
ってことで(超核爆おジャ魔女どれみドッカーン)

★NIGHTMARE CITY -CATASTROPHE- (み~や)
モナー達の戦いを描いたFLASHです。
とにかく、スピード感が非常に良いです。
そして、ストーリーもちょっと悲しくて心に残る作品ですね。
ただ、何か喋っているような描写があるんですが
そこらへんを想像に任せるのはちょっとキツイかも・・・。
最後が最後なだけに、ちょっと感情移入出来ませんでした・・・。
上映後、作者のみ~やさん登場。
もー・・・とにかく緊張しまくっていまして
喋りもしどろもどろだったのが、かなり印象的です。
ですが、茨城県出身っていうのを聞きまして
非常に嬉しかったのはここだけの話しです(汗)
ちなみに、この作品を見た後
どうにも「魔法陣グルグル」が頭をよぎってしょうがありませんでした・・・(核爆)

★僕らの道は金と命とアダルトビデオ (とろっこ)
つちのこを発見したのですが、発見した人が襲撃されて、つちのこが強奪され
その襲撃された人の息子が何でも屋的な探偵に
つちのこを取り返して欲しいという所からストーリーが始まるのですが
とにかく、独特の絵と静けさが異様に印象に残りました。
一見、まんが日本昔ばなしに出るような絵なんですが
しっかりとハードボイルドな空気を作っていまして
そして、アダルトビデオというモノで、その空気を和らげるという
非常にしっかりとした作品だと思います。
展開が唐突な感じですが、ここらへんは北野武監督の映画とか
裏沢直樹の20世紀少年とか読んでいる方は、逆にハマるかもしれません。
上映後、作者のとろっこさん登場。
制作は三ヶ月とのことで、FLASHを作るより、ストーリーを考えるのに時間をかけているとのこと。
このストーリーじゃ、確かにそうだよなぁ・・・って思いました。

★通勤大戦争 (つかはら)
大トリははやっぱりこの人!ってな感じで
最後の最後につかはらさんの名前がスクリーンに映し出されました。
とにかく理沙はこの人とすなふえさんの作品が見たくて
この会場まで足を運んだだけに、かなり期待して見てしまいました・・・。
内容は、サラリーマン(?)の青年と初老のおじさんの
壮絶なバトルの話し。
途中から、飛行機と飛空挺の戦闘になりまして
「飛行機は何か宮崎駿みたいだなぁ・・・
飛空挺はアレだ・・・STRIKERS 1945とかソニックウィングスを思い出させるな・・・」
っとツッコんだのはここだけの話し。
そして、オチに女の子登場!!
OPの一番最初に出た女の子がここで来るとは・・・
っと、思わず感心してしまいました。
ですが、結局一番強かったのはかなりの老人だったんですが(笑)
しかし、何よりこの作品の一番凄い所はスタッフロールですね・・・


何?このらんま1/2並の面子は・・・(笑)
全然、気づかなかったので「やられた!!」と思いました。
上映後、作者のつかはらさん登場。
FLASH☆BOBの時と同じ出で立ちで、この世界の住人っぽい感じをかもしだしていました。
電車の座席取りからドッグファイトに行く発想を聞かれ
「山手線のホームを駆け下りて中央線のホームに上がっていくともう電車は出発しちゃったあとということが多かったので、
ホームで飛べたらいいなと思いまして」
っと、言っていまして
「そこからかー・・・」
っと感心してしまいました。
ちなみに声優さんについては声をメッセで送ってもらったとのこと。
さすが、数々の賞をもらった方は色々な方と知り合いなんだなぁ・・・
っと下世話な事を思ったのはここだけの話しです(核爆)
でも・・・
「今のFLASH職人界はつかはらさんを中心に回っている」
っていう。理沙の疑問はちょっと確信に近づいていますけど・・・。

そして、全ての作品が終了しまして各コメンテーターの方々が
色々コメントを言っていました。
特に西村博之さんが言った
「一発ネタで笑えるようなものが欲しいですね」
には激しく同意です。
みんな一分以上の作品ばかりで、逆に疲れちゃうんですよね。
息抜きなFLASHがもっと欲しい所です。
あと、版権モノと黒いモノ(核爆)

みんさんがコメントをし終わったら、恒例のflash★bomb'05 エンディングFLASHが流れました。
とにかく、このFLASHに使われる曲、Elysiumを聞きますと
「あー・・・本当に終わっちゃうんだなぁ・・・」
っと何か悲しくなります。
サザエさんのEDと一緒ですね(汗)
このFLASHでは、やっぱり最後までみやかけおさんのが面白かったです。
二コマしか使っていないのに、ここまで爆笑を取れるのは本当凄いかと。

FLASHが終わるやいなや、漫才コンビ「社長副社長」のリーダーwosaさんが(笑)
「3年に渡って実現させてきた『FLASH★BOMBプロジェクト』ですが、今回で終了となります」
という声明文を読み上げ、そしてその後
「新プロジェクト『/up』(スラッシュアップ)を立ち上げます」
との発言が!!!!!!!
ちなみに、壇上にいた司会のお二人、かーずさん、おとまにあさん、西村博之さん、井上トシユキさんも
聞いてなかったようで、みんなで慌てていた様子がちょっと面白かったです。
その後、司会のお二方がwosaさんをいじりだしまして
そのままwosaさんも1UPジャンプをしまくっていました(笑)
そして、司会の方々が
「次は/upで会いましょう!!」
と言いまして、無事FLASH☆BOMBは閉幕しました。

終わった後、理沙はロビーでちょっと休みたかったのですが
ぎょぴさんが「お腹減ったー早く帰ろう!」と、せかすので
二人でとっとと新宿駅に戻りました。
ですが、戻るまでがまー大変。
世田谷線は二回待たされるし、京王線は相変わらず混んでるしで
IN宿駅が非常に遠く感じました・・・。
駅に着きましたら、新宿駅内にあります、丼モノ屋で二人でカツ丼を食べまして
そして、ぎょぴさんは明日仕事があるという事で、そこでお別れしました。

さて、理沙は今度は映夜祭ですので、印刷してきた地図を見ながら映夜祭会場に向かいました。


つづく

参考
http://iiaccess.net/archives/2005/09/23.html
>(・∀・)イイ・アクセス: 2005年09月23日 アーカイブ
http://my-roux.org/20050923.html
>MY-ROUX.ORG:FLASH★BOMB'05イベントレポート
http://pspctv.exblog.jp/2770939/
>PSPCTV text:F★B個人的全作品レポ
http://willcox.cocolog-nifty.com/
>雑記夜行
http://www.geocities.jp/feilong6161/repo.html
>チョータ式FB映夜祭レポート
http://studio-n.hp.infoseek.co.jp/fb05rp.html
>N-GRAVITY:flash★bomb'05レポ
http://www.muzo.jp/column_muzo/home/flash50/archives/blog/main/2005/09/27_020338.html
>MUZO フラッシュエンターテイメント | FLASH50 の閃客万来! | flash★bomb'05 終演

スポンサーサイト



当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ