back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS


6月11日にみかにハラスメントを買いました。
とにかく・・・

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/17004738.html
>みかにハラスメント「スクエニ初の成年誌!?」「中途半端なエロマンガよりずっとエロいよ」::[アキバBlog]
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/19762769.html
>「みかにハラスメント」アキバでは再び入荷から数日で壊滅状態へ::[アキバBlog]
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/23032700.html
>みかにハラスメント「買ってないオトモダチは3度目の正直で確実ゲットをオススメだ~」::[アキバBlog]
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/17163801.html
>「みかにハラスメント」に賞賛、絶賛の声多数? アマゾンランキング急上昇::[アキバBlog]

と、とにかく近年マレに見る入手困難コミックスだったんですが
ようやく、理沙も手に入る事が出来ました。
ま、このコミックスに関してはこれだけ入手困難になると思っていましたし
切り抜きで保存してあったので、重版重版が続いて
在庫が余ってきたら買おうっと思っていたのはここだけの話し(汗)
だって・・・スクエニの新人の初コミックスってとにかく
入荷が少ないんですもん・・・(涙)
発売日に買えなかったら、もうアウトと見て間違いないですし・・・。
こういう発売の仕方は何とかならんもんですかねぇ・・・。

内容はとにかくエロイ!以上!!(核爆)
っと言ったら身も蓋もないですので、ちょこちょこ書きますと
表題作のみかにハラスメントは
第一話は羞恥プレイ。
第二話はペットプレイ
第三話は幼児プレイ
となっています(濁汗)
かすみ♂は
TS・羞恥プレイ・百合と、その手が好きな方にはたまらない読み切りですね。
魔法少女るかなーは変身モノでエロなしですので
エロエロが苦手な方も安心して読めるかと。
しかし・・・こう並べると、本当普通のエロゲーの
一言レビューみたいだな・・・(濁汗)
そんな理沙もミカにハラスメントの第三話で
やる事はやりましt(あはははははははは

ちなみに理沙が手に入れたのは・・・

第二刷でした。
初版は本当にプレミアものだろうなぁ・・・。

スポンサーサイト




6月11日にまろまゆ 第1巻を買いました。
電撃萌王という、季刊誌で連載されている作品なだけに
単行本は当分先だろうなぁ・・・って思っていましたが
連載開始から実に四年目にして単行本化されました。

内容はぱにぽにの桃瀬くるみちゃんが主人公で
喫茶店のウェイトレスをしながら萌えを目指す4コマ漫画です。
(この表現・・・合ってるかな・・・?(濁汗))
作中には橘玲ちゃんも出ますので、ファンは即Getするしかです。
エース桃組で連載されていた、桃組っ!!も同時収録されていますので
こちらの単行本化を待っていた方も朗報かと。
ちなみに桃組っ!!にはぱにぽにでお馴染みの双子のおとなしい方
柏木優奈ちゃんが出ていますので、優奈ちゃんファンも買うしかかと。

しかし・・・この本の装丁・・・

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/24665491.html
>メディアワークスの「まろまゆ」がスクエニ「ぱにぽに」に酷似。「版権大丈夫?」::[アキバBlog]

って、アキバBlogさんも記事にしていますが
本当にぱにぽにってますねぇ・・・。


とりあえず、並べてみた。
まぁ・・・キャラクターも世界観もまんまぱにぽにですから
アリっていえばアリなんですけどねぇ。
装丁はどちらもよつばスタジオですし。

帯も思いっきりぱにぽにの宣伝してますし。
通過、PEACH-PIT祭りとかでよく、コラボ企画をしていますから
スクエニとメディアワークスは本当に仲がいいんですねぇ・・・。

考えてみれば、帯にスクエニの漫画を宣伝し
本編はメディアワークスで連載されたモノで
同時収録作品は角川書店で連載されたモノですから
もう、何でもアリの本なんですね・・・
流石です・・・氷川へきる先生!!!!!

 MIN-NARAKEN  2005/06/16 (Thu)


6月11日にDIFFERENT REALM 夢幻の探索を買いました。
とにもかくにも、本当に長い間探していた本なだけあって
見つけた時は
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
って思わず叫んでしまいましたよ・・・(汗)

っていうのも、この本、作画の人が藤村文彦&新撰組となっていますが
実はエロゲー界ではかなり有名なイラストレーターである
MIN-NARAKENさんですから・・・。
この漫画を描いている時はALICE SOFTを辞めていたようで
だから、アスキーコミックで普通に漫画を描いていたんだな・・・
っと、妙に納得したのはここだけの話し(汗)
ちなみに今は、ALICE SOFTに復帰してバリバリゲームの
キャラデザや原画を手かげています。

内容はテーブルトークRPGが元ネタらしく
飛行石を手に入れた主人公達が争い事に巻き込まれていく
っという、ファンタジーな作品です。
とかく、絵が綺麗ですし、人間以外のキャラクターも多数登場しますので
その手が好きな方のはかなりオススメかと。

しかし・・・この本を見つけた時は本当に嬉しかったなぁ・・・。
っていうのも、ヤフオクを見ますと分かりますが、大体・・・

http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e48034643
>Yahoo!オークション - 【即決】ディファレント・レルム 夢幻の探索
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f30749460
>Yahoo!オークション - ■即決■藤村文彦 北川直 ディファレント・レルム 夢幻の探索■

と、2000円~3000円スタートですからね・・・。
Amazonですと、3800円スタートですし・・・
そこまで冒険できません・・・(汗)

ちなみに、現在MIN-NARAKENさん原画の最新作は
ウルトラ魔法少女まななです。
理沙的には闘神都市Ⅱ・ママトト・魔女の贖罪がオススメです。
特にママトトはSLGが苦手な理沙でも出来ましたので
かなり一押し!!声がないのが残念ですが。


6月11日にThe Birth of Walkureの第1巻を買いました。
連載前のプロローグから読んでいた理沙にとって
本当に超待望の単行本化って感じです。

思えば、ワルキューレに最初に出会ったのが
FC版のワルキューレの冒険からでして
発売が1986年の8月1日ですから・・・
今年で出会って19年ですか・・・早いものです・・・。
当時、ヒントも何もないアクションRPGだっただけに
わけも分からずやっていたのがイイ思い出です・・・。
通過、クリアってあるのかな?って思ったのはここだけの話し(汗)
ちなみに19年経った今、未だにクリアできません(涙)

それから、ゲーセンでワルキューレの伝説が登場!
ジャンルもアクションになり、その世界観と
可愛いキャラクター、素晴らしい音楽、後半の難しさが
絶妙で、鬼のように50円玉を積み上げてプレイしました。
理沙的、このワルキューレの伝説がナムコ史上最高傑作だと
未だに思っています。
PCエンジンにも移植されましたが、CD-ROMではなくHuカードで発売され
ハードの限界もあってか、音楽はショボイ
画面はドットが荒いと、ゲーセン世代な人には散々でしたが
当時、ワルキューレの伝説が出来るコンシューマー機は
コレしかありませんでしたので、理沙はとりあえず割り切ってプレイしていました。


完全移植版が出来るようになったのは
ナムコミュージアム Vol.5に収録されてからですから
本当に待たされた感じです。
実際、このナムコミュージアムが発売されるまで
基盤も15~6万くらいしてましたし。
ちなみに理沙は、未だにPS立ち上げて遊んでいます。
このVol.5はワルキューレの他に、パックマニアやドラゴンスピリットなど
非常に世間でも評価が高いゲームが収録されていますのでかなりオススメかと。


ワルキューレの伝説の方はサントラも出ていますが
コレがまたことのほかイイです!!!!!!!!
理沙的、今までに聞いたサントラの中で未だに一番ですし。
もぅ、何回・何十時間聞いたか分からないくらい聞いていますし
未だに聞いていますし。
確か発売した年のベーマガか何かで年間サントラ部門で
ベスト3に入ったと思ったのですが、入るのも納得できるくらい
イイサントラだと思います。
ですが、武器・魔法を取った時の音楽がないのだけが唯一の残念な所だったり。
それさえ収録されていれば、本当最強のサントラだったんですが・・・
残念!
でも、買って損なしだと思います。


ワルキューレの冒険の方はナムコアンソロジー Vol.2で
リメイクされましたので、興味がある方はそちらも
プレイしてみるといいかと。
何故、こんなに素っ気なく書くかといいますと・・・
理沙はまだこのリメイク・・・やった事がないんです・・・(核爆)
買う時期を逃したら、買えないですねぇ・・・(濁汗)
あと、外伝的ストーリーでサンドラの大冒険がスーファミで
ローザの冒険がWindowsで発売されています。
ごめんなさい・・・どちらも理沙はプレイした事ないんで
コメントはできないですが(汗)深く世界観を知りたい方は
やってみるといいかと。どちらも入手困難ですけど・・・(濁汗)
ちなみにローザの冒険で初めて声優さんがつきまして
ローザ役は鈴木真仁、ワルキューレ役が久川綾です。
久川綾・・・合いすぎ。
ドラマCDが出ていますので、こちらはまだアマゾンで買えるようです。

閑話休題が続いたので漫画の話しですが(汗)
内容は空に槍の幻影が現れまして、その原因をワルキューレが見つけだすというお話し。
ちゃんとサンドラもいますし、ブラックワルキューレ(?)もいますしで
ファンにはたまらない内容になっています。
最後の方にはラフ絵でストーリーボードもありますし。
しかし・・・19年目にしてキャラデザの冨士宏先生自ら描いた
ワルキューレの漫画が読めるとは思いませんでした・・・。
やっぱり、長生きするモノですね(笑)
昔、オーケストラCD付き画集が出ましたが
それはアクマで絵であって、漫画ではありませんでしたから
漫画化されないかなぁ・・・って本当に当時思いましたし・・・。

ちなみに、そのCD付き画集。
プレミア付きまくっています(濁汗)

考えてみれば、冨士宏先生の漫画単行本って午後の国物語以来なんですよねぇ・・・。
どうせなら、こういった昔の漫画も再販されませんかねぇ・・・
ゲーメストでやってた城物語とかNGの迷廊館のチャナとか・・・。
たのみこむで頼んでみようかな?(汗)
ただ・・・マッグガーデンになるでしょうが・・・(涙)

当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ