back to TOP

archives ★ Hatena Bookmark ★Twitter ★login ★  RSS

http://d.hatena.ne.jp/oroshi/20050515/p2
>「最後通牒・こぼれ話」 - 杜野亜希『ひみつの花園』の続巻が出ないワケ

最後通牒さんの雑記的なサイトを眺めていたら気になる記事が。
とりあえず参照元のURLに飛んでみますと・・・

http://www.morinoaki.com/cgi/diary2/diary2.cgi
>■杜野亜希Official Site もりのこかげ■もりの日記

神林&キリカシリーズで有名な杜野亜希の日記なんですが
ひみつの花園」という漫画の続刊が何故でないのか丁寧に説明しています。
いわゆる出版社(この場合、白泉社)が売れる見込みがないから
続刊は出さないようで・・・。

確かに会社ですから、売れる見込みがないと判断したら
出版はしないでしょうねぇ・・・。
でも、逆にその漫画を楽しみにしている読者の気持ちはどう考えているんだろう?
と、疑問に思います。
売れる見込みがないから出さない、読みたいなら雑誌の切り抜きでもとっておいて
それを読め!ってな感じの判断でしたら、かなり遺憾に思います。
やっぱり、読者あっての雑誌だと思うんですよ。
それなりの対応をしてくれれば、自然に読者はついていきますし
遠い目で見れば、利益も出ると思うんですが・・・。

それを考えると、やっぱり集英社って立派だなって感じてしまいます。
アンケートが悪けりゃ、即打ち切りという、非情な編集方針ですが
ページ数さえ溜まれば、どんな漫画でも単行本化してくれますもんねぇ・・・。
今はもうなくなってしまいましたが、ホップステップ賞受賞作などの
一発屋も含める、新人漫画家だけの単行本とかも出してくれましたからね。
少女漫画で言えば、りぼんも一緒ですね。

ちなみに、その逆は講談社。
講談社は作家が売れないと、単行本はまず出さないですからねぇ・・・。
マガジンとかはまだいいですが、少女漫画・・・
特になかよしは、かなりひどいもんです。
特に目に見えて、それが分かったのは小坂理絵ですね。
レッツバリボーっていう漫画があったんですが、連載終了後
いつまでたっても、単行本化せず、もう出ないのかなー・・・っと
思っていたら、なかよしで「とんでもナイト」という漫画がヒット。
そしたら、急に過去の作品である、レッツバリボーの単行本を出しましたからねぇ・・・。
何とも、えげつない出版だなぁ・・・っと思ってしまいました。
なので、なかよしの単行本で読み切り集が少ないのはその理由かと。
最近、ちょっと改善されたのか、ゆみみとか高上優理子とか続々出ていますが、どうだか・・・。

杜野亜希の話しに戻しますが、やっぱり単行本は出て欲しいですよねぇ・・・。

http://www.morinoaki.com/html/worklist00-03.html
>■杜野亜希Official Web Site■-作品リスト(2000-2003)-
http://www.morinoaki.com/html/worklist04-.html
>■杜野亜希Official Web Site■-作品リスト(2004-)-

を見ると、あまりにも酷いと感じます・・・。
出版不況って言いますが、こういう対応をしているのも
その原因の一つだと思わざるえません・・・。

スポンサーサイト
当サイトのご利用は、自己責任でお願いします。当サイト及び外部リンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても当サイトは一切の責任と義務を負いません
Template by :FRAZ